超・吉報! ニホンカワウソが生き残っていた!?

2017-08-19
「雨ばっかりでイヤな夏だなぁ」と過ごしていた今年の8月、お盆を過ぎた頃にビックなニュースが飛び込んできた!!


40年ぶりの発見かニホンカワウソ

琉球大学の哺乳類研究者の発表だから 「カワウソ大好きオヂサン」のお騒がせネタとはまったく内容が違うはずだっ!

ツシマヤマネコの調査のために設置した無人センサーカメラで2月に撮影されていた「カワウソらしきもの」を約半年間経ってからの発表なのだから慎重にも慎重、撮影後にも度重なる調査の末の発表なのだろう。

2012年に絶滅宣言が出ていたニホンカワウソが生きていたカモ・・・ 日本の自然環境の懐の深さに畏れ入るとらなのでございます!!

超・吉報! ニホンカワウソが生き残っていた!? の続きを読む

tag :

ウナギについて考えた

2017-08-10
ワイルドミート クライシス

「野生肉の危機」って話が少し前に話題になったんだけれど、漁業の世界で課題に上る言葉なんだな。普段あまり意識しないけれど、水産資源も「野生肉」の一つなんだよね。

ご存知、水産資源は乱獲や食生活の健康志向で世界的に需要が高まって減少傾向にある。
クロマグロやうなぎといった旧くから食卓で親しまれていた魚種が絶滅を危惧されるほど数を減らしているんだよね。

養殖魚の割合も高いとはいえ、まだまだ多くの水産資源が野生(海)から獲ってきたものに依存している。

その水産資源が底を尽き始めた、というから大変なことなんだよね。

特に うなぎ。 お盆前のこの蒸し暑い時期には「うなぎでも食べてスタミナ付けて暑い夏を乗り切ろう!」と誰もが思うほど私たちに馴染みの深い魚の上位に入るうなぎなんだけれど、そのうなぎが食べれなくなる魚の代表みたいになっちゃった!

少し前まで「主婦の手抜きおかずNO1]とか言われていたうなぎの蒲焼きが永遠に味わえなくなるかもしれない! 悲っ!

ウナギについて考えた の続きを読む

tag :

ドローンがやってきた!

2017-08-01
ドローン、無線操縦のマルチコプターを遂に手に入れました!

この新しいおもちゃ・・・ イヤイヤ、もとい! 「とらの仕事の発展に寄与する可能性の高い新しい道具」 はたくさんの新しい可能性を秘めていそうだ。

だけど、どんな風に役立てる事ができるかはまだ判らない。

狩猟関係のサポート的な活用ができればいいな、と思っているんだ。
・・・シカの群れを追い立てる勢子役? けものみちを上空から偵察してワナを掛ける好立地場所を探す・・・果ては銃器を装着してイノシカを上空から狙い撃つ 「攻撃型ドローン」 への発展???

どんな活用方法があるかはまだ判らないんだけど、とりあえず手に入れて操縦を覚えて特性を知って、それからいろいろ考えてみようと思うんだな!

ドローンがやってきた! の続きを読む

tag :

狩猟体験がメジャーになった?Ⅱ

2017-07-25
先日、 「速報!&吉報 !」 の勢いでお知らせした星野リゾートが宿泊客 向けに始める狩猟体験企画。

とらはある意味、感慨深げにこのニュースを受け止めたのでございます。


しつこいようだけど、記事の内容はこちら! →星野リゾート・狩猟体験ツアー

「狩猟体験」 がメジャー処リゾートの いちアウトドアアイテムに選ばれるなんて大変にスゴイことだと思うとらなのでございます!

だってこれまで 「アウトドア 」をウリにしてきた自然学校やネイチャーガイドの団体だってほとんどこの分野は手付かずだったし、
とらが 「狩猟を体験アクティビティに加えてみましょうよっ!」 と提案しても 「キワモノ」的にしか見てくれなかったもんね。

アウトドア雑誌のBE-PALは反応してくれて、いまだに狩猟が一つのコーナーとして続いている。 さすが、老舗。永く続くには目利きも必要というわけだ。

「私たちの組織はアウトドアのプロ集団」 を自認する組織の皆様は胸に手を当てて反省して、星野リゾートのチャレンジを見守るだな。

狩猟体験がメジャーになった?Ⅱ の続きを読む

tag :

若者の可能性を棄損する罠でこの国は溢れている??

2017-07-20
う~む、今回は 「社会派とらさん」 なのだ。

あんまり辛辣に言いにくい事をズバズバ書くと 一部読者の方から恨まれるし、反論メールが来たりするし、どっかの悪口サイトになんか書かれてイヤな思いもするかもしれない・・・。

一番安泰なのは 「昨日は曇り空でした。 今日は良いお天気です。 明日も晴れるでしょう! 明後日はワカラナイ。」みたいな当たり障りのない事を書いていればいいんだけど、たまに 「ここは一言いっておかなくてはいけない。」という心の琴線にふれる事があるんだよね。

つい前回、「あんまりトンガリ過ぎる記事はやめよう。」と書いたばっかりなのに反省の色のない 懲りないとらなのでございます。


今回、琴線に触れたのはこの記事。 狩猟初心者に研修を受ける場を提供するという、狩猟を仕事にしたい人には願ってもない良い話なんだけど・・・

狩猟修業 in 奈良  ・・・とらの知り合いの関係している企画なんだけど ズバズバと感想を述べさせていただこう。

若者の可能性を棄損する罠でこの国は溢れている?? の続きを読む

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>