日の出シーカヤックツーリング!

2012-07-01
群馬のアウトドアアジトに移ったことで海と少し縁が遠くなってしまいました。  ちょっと残念。

活躍の機会が少なくなったシーカヤックを友人に使ってもらうことにして引き渡しをしました。

引き渡しをする前にひと漕ぎしよう、ということになりました。
P1010778.jpg



三浦半島の浜を夜明け前に漕ぎだしました。

夜明け前の風景は光の陰影がとても幻想的。

波も静かだし天気も良さそうだし良い日になりそうです。



P1010781.jpg


今日はソロではなくて3人のグループツーリングです。

二人とも自然学校に勤めるアウトドアの強者。 狩猟も行っています。 

「漁師」ではなくて陸の「猟師」が3人集まってカヌーツーリング…。

なかなか見られない光景でございます。写真撮るときにパドルで挙銃の姿勢をとってみたくなったりして…。



今回のシーカヤックツアーもとらがほんの5日前くらいにポンと予定が空いたのでメールを入れたのがきっかけでした。

「今週末、予定が空いたんでカヌーの引き渡しできない?」

「OK,ついでに漕ぎますか」



「子守りしなくちゃならないから現地に居られるのは朝の9時までなんだよね。早朝ちょこっと漕ぎなら。」

「なら日の出に合わせて漕ぎ出しましょう!友人連れて行っていい?」



「友人歓迎です。日の出が4:30だから4時過ぎに現地入りする予定だけど先に着いたら海入って遊んでて。」

「4:30了解です。ゆるい感じで。」



3往復のメールで週末のビッグな企画が決まってしまいました!

こっちの勝手な都合に合わせて柔軟に対応できてさらに楽しい企画に仕上げられる…。

アウトドア企画の実力者ですな。



P1010788.jpg


漕ぎ出すと朝日が昇ってきました。

夜明け前の1時間はだんだんと明るくなる風景がとても幻想的で一日でもっとも神聖な時間でございます。

…こちらの頭がまだぼ~っとしていることも加味されてより一層幻想的に感じるのかも。


毎日「幻想的、幻想的!」と早起きしていれば良いのでしょうがただその時間を過ごすために早起きしてぼーっとしているのもヘンでございます。

夜明けの時間に立ち会うのが楽しくて山歩きとか釣りとか畑いじりとか早朝から動くことが好きなのかも、
と思ってしまうほどです。


夜明け直後までは風景に見とれて無言でこぎ続けますが辺りが明るくなると会話もでてきます。

後ろで漕ぐ二人が何やら夏休みの相談で楽しそう…。

今年は一週間かけてシーカヤックで伊豆半島一周ツーリングを企てるらしい…。

「よく奥さんがOKしたね」と驚くと了解を得るのが一番の難関だったとか。

そりゃそうだよね、一週間もいないんだもの。

西伊豆の断崖絶壁が続く海岸をひたすら漕ぎ続けることも、

シュモクザメに流木と間違われてぴったりくっつかれることも、

南端の石廊崎を回るときの大きな波頭を超えてゆくのも大変だけど奥さんの了解を得るのが最も難関だもんね。

見事、突破はたいしたものです。

しかし、眉をひそめて

「でも油断はできないんです…。」

そうなんだよね、夏休みを迎える前にちょっと何かで衝突すると関係ないのに「遊びに行ってばかりいて!」と
攻撃してくるんだよね…。

何事もなく夏休み当日を迎えられたら90%ツアーは成功ですな。


…一瞬、海の上を生活臭ただようなまぐさい風が吹いた気がしました。






P1010794.jpg


しばらく漕いでから少し深い入り江に入って休憩をとります。

アカテガニが一斉産卵をする干潟に入ります。底の浅いカヌーはどんどん奥まで入れます。

干潟にはいろいろな種類のサギが集まって餌を探していました。

良く見るとサギに混じって木からダイブして魚を捕えているカワセミの姿が…。

「清流の宝石、カワセミ」などと称えられることが多いカワセミですが案外、図太くてあちこちにいるんですよね。

東京の我が家の近くを流れる川にもいますし…。


海で狩りをしているカワセミは栄養状態が良いのかちょっと太目。

川で見るカワセミは青い閃光の様に一直線に飛ぶのに対してこちらのカワセミは何となく逆放物線を描いて飛んでいるような…なんとなく速度も遅そうです。

飛行機に例えると戦闘機と輸送機くらいの差がありそうです。





P1010795.jpg



波の静かな入り江の奥はヨットハーバーになっています。

ハーバーの奥にお気に入りの浜があるのでヨットの隙間をズンズン進みます。


停泊中のヨットは価格はウン千万円!排水量数トン、10人くらいでゆったりクルーズを楽しめる!という立派なモノ。

たいしてこちらのカヌーは 中古で入手!さらに使い込んでキズだらけ、排水量は1t未満…(排水量100Lくらい?) 定員1名、動力は手動のみでございます。



まあ、規模の多少の差はありますがあちらのヨットもこちらのカヌーも船長は船長。 


気後れせずズンズン進みます!



4時間くらいのツーリングを終えて浜に上陸してカヌーの引き渡しイベントは終了して解散。

とらはそそくさと子守りのために帰路につきます。


時刻はまだ9時。高速道路にはこれから海に向かう車の渋滞でぎっしり!

渋滞の列を横目で見ながら快適に走ります。


家に帰ってもう一仕事できそうです。 …ということでブログをアップ。


「早起きは三文の得。」と申しますが三文どころでない得るものが早起きにはあるのでございます。




tag :
コメント:
日の出カヤック、ありがとうございましたー
ひさびさのシーカヤック、そして、初の三浦半島、楽しめました。

狩猟の縁で出会った仲ですが、
こうして一緒にアウトドアを楽しめるのは素晴らしいことですね。

次は洞窟でも行きましょう!
富士山にもぜひ!
[2012/07/06 22:42] | NAOKI #OHY/aL9w | [edit]
こちらこそ、久しぶりのツーリング堪能しました!

また楽しい事しましょう!

この冬はシカやイノシシで生ハム作りやベーコン作りしてビールで乾杯!もいいですね。

富士山には毎年登っているので今年も近くまで行きますが
洞窟だけはご勘弁を。

閉所恐怖症なんですわ…。

以前、伊江島の海底洞窟に潜ってパニックになりかけました…。
[2012/07/13 23:17] | 腹ペコとらさん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/92-41878d97

[2012/07/01 14:33]
<< topページへこのページの先頭へ >>