FC2ブログ

ソーシャルディスタンスしながら活動開始!

2020-10-08
政府 肝いりの景気浮揚策、Go To トラベルに東京も加わって今週末は各地でおおいににぎわった様でございます。

これまでの世の中で「是」とされていた 賑わいを作る事、多くの人を集めることが 感染防止に望ましくない事、良くない事、自粛こそ美徳 みたいな大きな転換を余儀なくされて経済的に困窮している事業者さん、従業員さんたちも多くいるのでこのような景気浮揚策は大事な取り組みだと思うんだ。

感染防止には最大限に気を付けてできるだけ普段の生活に戻していきたいと思うのでございます。

時間や曜日を少しピークから外す 「ずらし旅」 がポイントだそうでございますよ。


とらもいろいろ動き出したぞっ!

とらの場合は新型コロナウイルスの影響を横目でみながら お天気や気温、さらにそろそろ近づいてきた狩猟期を鑑みながら行動を始めているって感じかな。






とらの潜伏する「狩猟アジト」がある福島県浜通りは 交通の大動脈である国道6号線と常磐自動車道が主な交通の要所なんだ。
いずれも南北に延びる道路で北に向かえば仙台、南へ行けば水戸が近郊の大都会なんだ。

…という事は 、日常を離れてちょっと遠出をしたい… 知った人がまったくいない場所に行って 異邦人を気取りたい・・・ といった場合は南に行くか北に行くしかないわけなんだ。

西に行けば郡山市があってそこもけっこう大きな都会なんだけれど、行く途中、先々で仕事を思い起こさせる現場近くを通るのであまり休みの日に走りたくないんだよね。



イルカショー
仙台・海の杜水族館に行ってきた!

っという事で先週末は仙台まで足を延ばしてきたのでございます。

杜の都・仙台、東北地方の玄関口、仙台 というだけあって大都会なのでございます! 
仙台は大学の学生時代に岩手県の三陸海岸で過ごしたとらにとって思い出のある土地なんだな。

とらの通っていた大学は 「水産学部」だったんだけどさ、校舎まで見事に水産、漁村の中にあったんだ!

学生街にありがちな安くて楽しく呑める居酒屋とか楽しく騒げるカラオケなんてなくて日が暮れたら辺りは真っ暗で鹿と追突注意!クマも出るから夜は徒歩で出歩かないように… みたいな場所だった!

当時、水産学部に来る女子も少なかったから 男ばっかり。
外見にも気を遣わずに授業にどてらを羽織って出席して教授に「君たちは僕の授業を何だと思っているのかね?」と非難される始末。
そんな殺伐とした環境だったからたまに出掛ける大都会、仙台が楽しい場所だったんだ!

仙台に着いたらまずは都会の味、「吉野家の牛丼」を心底味わってから遊びに出掛けたんだよね! 
お昼のランチは同じく都会の味、マクドナルドのハンバーガーを食べて、 帰りは寮のみんなへお土産に 都会の味、ケンタッキーフライドチキンを買って帰るとしばらくは寮の人気者になったものだった・・・

・・・なんだ、思い返してみると食べる事ばっかりじゃんっ!


まあ、要は 非・日常を感じさせる場所だったわけで、大人になったいまも仙台は 「非・日常を感じさせる場所」であることは変わっていないという事なのでございます。
 
よく考えてみたら今いる場所も 人口の希薄地帯で 女子は少なく、男性比率が極端に高い。
飲み歩く場所も少なくて、「夜はイノシシが出るから徒歩での出歩き注意!」な場所だ。  

なんだ、学生時代とあまり生活が変わっていない事に今、気が付いた!


それにしても、発展したな~ 仙台! 昔はこんなにビルやマンションが立ち並んでいなかったぞっ!



スナメリキック!
スナメリがカワイイ

久しぶりに都会に出てきても、お洒落なお店に立ち寄る必要も用事もないとらでございます。

自然と足が向くのは生き物の息吹を感じられる場所でございます。 久しぶりに仙台・海の杜水族館に行ってきた!

今回のヒットは スナメリくん。 小型のクジラの仲間でございます。

3年程前に漁師の定置網に掛かっていて、当時,まだ子どもで衰弱していたのを水族館で保護されたそうだ。
3年たった今でも子供っぽさがまだ残っていて動作にムダが多くてコミカルで楽しい。

大型回遊水槽にエイやサメと一緒に入っているのだけれど、 目の前をほわほわと泳ぐエイが目障りらしくエイのひれを軽く噛んだり、尾びれでキックして 「どけどけ!下等な軟骨魚類め! オレは哺乳類だぞっ!」みたいなしぐさがカワイイ。

なにをされても ほわほわ泳ぐ事をやめないエイはやっぱり魚だね~。 感情が感じられない。


ペンギン
ペンギン

飼育員のお姉さんの掃除が終わるのをじっと待っているペンギンくん





ホワイトハウス
ホワイトハウスにも行ってきた!

仙台からもう少し北。 河北市の北上川近くにある 「ホワイトハウス」に行ってきた!

有名な観光スポットではないからこの とらログ読者の99.98%くらいは「何んのこっちゃ?」と思うかもしれないんだけど、
一部超・レアなファンの方に今の姿をご報告だ!

ここは 今をさかのぼる事35年ほど前、流行っていたディスコ、今でいうところの クラブ ってヤツだったんだ!

特にとらがここに通い詰めていた、お立ち台に上がっていた!羽根扇子を振っていた!というわけではないんだけれど、学校の長い休みの初めと終わりに車でこの前を通るのがお決まりのコースだったんだ。

まだ都会や人が恋しい若い頃に、にぎやかな街を離れて大学のある漁村に戻るのが苦痛だった。
仙台を離れて真っ暗な田舎道になってしばらくすると暗闇のなかに このホワイトハウスの猥雑な赤い灯りがぼうっと見えてくるんだ。  
なんか、最果てに来てしまった、都会とは完全におさらばだ、という気持ちにさせられた懐かしい建物なのでございます。




ホワイトハウス売り出し中
ホワイトハウス 売り出し中!

建物は残っていたけれど、すでに営業は終わっていて売りに出されていた。
35年前はこの建物が一番賑やかな時だったのかもしれないね。

しかし・・・  なんでまた・・・  なんでこんな川沿いの 周りに何もない夜になると真っ暗になってしまう場所に ディスコなんて建てたのだろうか??  夏の夜は周辺の河川敷から蚊やアブ、カブトムシやそのほか諸々の昆虫が灯に襲来してたいへんだったのではなかろうか?

それでも外から見る限りはけっこう地元のお客さんでにぎわっていたみたいだから地元民のハートを掴む魅力があったんだろうね。
とらと同世代のアラフィフの皆さん、 ホワイトハウスを買い取って 昭和のかほり 満載のディスコを営業してみませんか??


そんな、こんなで 気候も良くなってきたので 久しぶりのお出かけも終了! 狩猟アジトに戻って日々の仕事に励むとらでございますが狩猟期が始まるまでは山歩きで足を鍛えなおしたり、狩猟シーズンになったらできない「ちょっとお出かけ」をしばらく楽しむ算段のとらなのでございます。



・・・写真では紹介していなんだけれど、狩猟アジトから北上して仙台や三陸方面に出掛ける時にできるだけ立ち寄ろうと心掛けているのが 宮城県の河北にある 大川小学校なんだ。 

この名前を憶えている方も多いかと思うんだけれど、2011年3月11日の東日本大震災とそのあとの大津波で校舎が飲み込まれ、教師と生徒が多数犠牲になった小学校だ。

とらは震災直後に災害ボランティアで被災地に入った。 活動の一環で大川小学校から少し離れた大川中学校で数日間、校舎の片づけなどをして過ごしたんだ。

すぐ近くの大川小学校で大きな被害があった、という情報は伝え聞いていたんだけれど、当時はそのエリア一帯は警察と自衛隊が活動していて民間のボランティアは入れなかった。 隊員たちが横一列に並んで泥をかぶった大地に鉄棒をさしながら不明者を探しているような緊迫した状態だったんだ。

震災から来年で10年。 
多くの皆さんにとっても、とらにとっても大きな変換を迫られた瞬間だったけれど、とらにとっても大きな転換点になった時と場所だ。

あの時 無念にも生き続けることができなかった、とらよりずっと若い、将来が楽しみな命があったことを忘れない為にもこの地の近くに来たら立ち寄る事を心掛けているんだな。 合掌 
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/610-5286c791

<< topページへこのページの先頭へ >>