FC2ブログ

狩猟学校が大変ですョ!

2020-03-15
今年のゴールデンウイークからスタートする グッドハンティングの狩猟学校。

東京、横浜など都心からもほど近く日本の大動脈、東海道新幹線の小田原駅が最寄り駅! という交通に恵まれた立地もあってか、予想を超える申し込みを受けているんだ!

当初、「5人も来てくれれば一年目としては万々歳だなぁ~」 と考えていたのですが、予想を超える10名以上からすでにお申し込みをいただいた!

急遽、参加枠を増やして対応だぁ!   

ひゃっほう! 皆さんの求めているものに応えられるとらはマーケティングの名人だ!


グッドハンティングは狩猟界の革命児だ! 一気に全国制覇だ!  

やるぜっ! 俺!
 
 






・・・なんて、当初は浮かれていたとらでございますが、申し込んでくださった皆さんのお住まい、住所を見てちょっとアセりを感じ始めたんだ・・・

遠く茨城や群馬、 東京近圏だけど、埼玉からも応募を頂いているんだ・・・

確かに、最寄り駅が 日本の大動脈、東海道新幹線の停車する小田原駅 だから物理的に通うことは不可能ではない立地なんだ・・・

だけど・・・ そのまま受けてしまって良いものだろうか??

このブログでも何度かご報告しているんだけれど、狩猟行為って

 どれほど獣たちに裏切られるか
              の積み重ねなんだと とらは思うんだ。

獣を獲りたい人間の工夫と騙し討ち、ヒトに狩られたくない動物たちの警戒心の攻防が繰り返されている訳なんだよね。

鉄砲猟の場合は獲物が獲れた時と外した時が明瞭だ! 特に獲物に向けて発砲したけれど中てられなかった! 獲物との遭遇がなかった場合など結果がその日の夕方にははっきりと判るから 「よしっ!次回は頑張るぞっ! おうおう!」とか言って 明るく次回に希望をつなげれるんだ!

しかし、ワナ猟の場合は、結果が判るのが早くてもワナを掛けた翌日。 それも、ワナの見回りに行くと満を持して架設したワナにまったく何の反応もない・・・  という スカ がほぼ毎回当たり前! みたいな世界だ。  

何が、どう 悪かったのだろう・・・  一昨日まであんなに掘り起こした痕跡があったのに、ピタリと動きが止まってワナの周りには足跡さえ付いていない・・・   
せめて、「アンタのワナはここが悪い」みたいな採点表をイノシシたちが置いて行ってくれた方が、どんなに気が楽か!

だけど、当たり前だけど、まったく原因もつかめずにワナを避けられることが多々あるんだ!

ヒトの臭いか、餌が気に入らなかったのか、天気か、気温か、気圧配置か、周辺の畑の作物の実り具合か、山の木の実のなり具合・・・
 それともただのイノシシの気分??



砂を噛む日々」  「右斜め3cmの後悔」  
と とらは表現しているんだけれど、 
「よしっ!次回は頑張るぞっ! おうおう!」とか言って 明るく次回に希望をつなぐ気分というより、

「何が悪かったんだろう・・・ どうしてアタシの事、避けるわけ? もう! ちゃんとハッキリと何が嫌なのか 言ってよ!キッ!」  と ちょとグズグズした気分になることの方が多い。

そんな獣たちに裏切られ続ける日々を新幹線で猟場まで通ってもらった挙句にさせてしまって良いのだろうか??

当初、とらは狩猟学校に通ってくれる生徒さんは 小田原駅に気軽に来れる範囲の皆さん、 小田急線かJR東海道線一本で来れる範囲の皆さんと想定していた。

午前中に見回りとワナの手入れが終わって 「残念!今日は捕獲がありませんでしたねー。 次回に期待しましょう!」で終わっても午後に自分の家に戻って何か用事を済ませられる人、と考えていた。

ところが朝一番に遠方から場合によっては新幹線で駆けつけてくれて、挙句 「獲物無くて残念! 」で済ませてしまって良いものか??
狩猟とは大概がそのようなスカを掴まされるものであって、その試練を乗り越えてやっと捕獲できた! その嬉しさが身に染みて理解できて、獲物のお肉は無駄がないように大事に食べ切ってやろう! と思うものなんだけれど、やはり事前に 「スカもあり得る このような内容ですけれど、よろしいですか?」 と確認する場が必要だ・・・



そこでとらは考えたんだな!

狩猟学校は5月までは 「お試し参加期間」 とするんだ!

小田原まで通い続けられるか不安な方はまずは「お試し参加」に一度してもらってから正式に参加するか、見送るかを決めて貰うことに決めたんだ。
「お試し参加」の 1回は参加費無料。

一回参加してみて 猟場まで通いきれそうだ、 内容も希望するモノに近い! と判断して貰ってから正式に申し込みを貰って6月から10月末まで5か月間、とらと一緒に 毎回ワナを見回って あーでもない、こうでもない、と工夫を重ねて経験を積んでいってもらいたいと思うのでございます。

もちろん、4月の初回から「小田原通いは覚悟しています! 」という気合の入った方は4月の段階から正式申し込みをしていただいてOK!
正式申し込みが10名に達した時点で今年度の狩猟学校受付は終了とさせていただきます。

さあ、いよいよ 狩猟学校が動き出すんだな!



※お知らせ!

グッドハンティングの狩猟体験企画 伊勢原会場~ワナ猟編は4月4・5・18・19日に開催日追加をして参加者募集中!

この企画は 5月から開講予定の狩猟学校 in 小田原の概要を体験できる企画なので 「お試し参加」 で ワナ猟編企画にご参加くださることもお勧めです。   狩猟学校の参加費が割引になりますよ。

また、狩猟体験企画 伊勢原会場~ワナ猟編 では希望する方対象にドローンの操縦体験も行う予定!
獣の追い払いや探索、様々な狩猟関連の用途が期待されるドローンですが「これぞっ!」という活用の決定打がないのが現状。
ドローンに興味ある方が実際に操縦体験をしてみて狩猟にどんな活かし方ができるか一緒に考えてみたいと思います。

5月開講の狩猟学校の開催スケジュールもアップしました。 ただいま「お試し」を含む参加希望者、募集中!

多くのハンターたちと 数多の「野生肉食いしん坊」を輩出してきた狩猟体験企画のスケジュールと詳細はこちら! → グッドハンティング・イベントページ




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/590-c19c3efe

<< topページへこのページの先頭へ >>