FC2ブログ

狩猟体験企画・ワナ猟体験が始まります!Ⅲ

2019-09-28
前回ご報告した グッドハンティングの狩猟体験 新企画。 あと3日で参加募集の開始なので最後のご案内をしようと思うんだな。

今回の企画は、くくりワナ と はこワナ でのワナ猟と エアライフルを使った鳥猟 を体験してもらう てんこもり企画 なんだけれど、盛りだくさんなだけじゃないんだよね。
「継続性」と 「参加しやすさ」 も魅力だと とらは 自負しているんだ。

どういうことかと云うと、この企画に参加して、実際に狩猟者への道を歩み始めて欲しい、という希望があるんだよね。
その為の受け皿としていろいろ考えてあるんだ!


とらの提供したい「狩猟体験」 は 「単発終わりではない、その先に続く マイルポスト になりうる狩猟体験イベント」 なんだ。







永らく引っ張らせていただいた小田原での新企画の紹介も今回でラストでございます。

しばしのご清聴、ありがとうございました! なのでございます。

ここで企画の首謀者・とらさんのワナ猟の経歴をご紹介しようと思うんだな!  希代のワナ猟師、トラッパー・とらさんの経験はこんな感じだぁ!



なんと言っても専業狩猟者として年間、膨大な日数をイノシシ捕獲に費やしているとらでございます。 その経験智は膨大だ!

「他者の追随は許さない! ワナ猟の経験はバッチリだぜ!」




って敢えて大口たたかせてもらうんだけどさ、もちろん、捕獲成功の経験ばかりでなくて 

「イノシシにウラをかかれて砂を噛むようなひもじい経験 悲っ!の総体量は誰にも負けない!」  

スカを掴んだ経験は とんでもなく深く、大きいのでございます。 


だけど、この「砂を噛むような膨大な経験」の方がこれからワナ猟を始めよう!という皆さんにとっては  「でっかい獲物をとったど~!まあ、これにはちょっとコツがあってね…」 みたいな成功話より為になるんじゃないかな?

膨大な失敗経験から紡ぎだされるアドバイスの方がこれからワナ猟をやってみよう!という皆さんにとっては実践に即していて身につくアドバイスができると思うんだ。

どれだけ捕獲圧力をかけたかを数値化する手段の一つとして「ワナnight(ワナが稼働して獲物を待っていた夜の数) 」 という考え方があるんだ。

例えばある狩猟期3ヶ月間、30基のワナをずっと掛け続けて捕獲圧力を高めていました、と云う場合は 90(夜)×30(ワナ数)=2700  「2700 ワナnight 頑張りました!」 というわけでございます。

そしてその間に10頭獲れたよ、といった場合は  10(頭) / 90(夜)×30(ワナ数) ×100% = 0.37%

捕獲の効率は 0.37%でした、という事になるのでございます。


ちなみにとらがどれだけの「砂を噛むようなひもじい経験 」 の総体量を持っているかと申しますと、
年間約250日を捕獲業務に捧げ、子分と2人で合計49基のワナを管理していますので、ワナnight数は 250×49 = 12,250 ワナnights を年間に費やしているのでございます。

その様な活動をもう、5年半費やしておりますので 12,250×5.5 =67,375 ワナnight もの膨大な夜を「 明日はイノシシ獲れて欲しい!」 と星に祈るような想いで過ごしてきたわけでございます! 

つまり、通常の狩猟者が狩猟期にフルタイム、めいっぱいのワナ架設をして獲物を待ち続けた経験の25年分をこの5年間でしてきた訳なのでございます!



その間、 エサの種類 明日の天気 気温 気圧の変化 低気圧の場所と動き 風の動き 週間天気予報に長期予報 周辺の山々の実の成り具合 人の出入りの加減 明日の運勢 動物占い 星座の巡りからイノシシとの相性 日常のささいな験かつぎ・・・ に至るまで捕獲場所周辺で起こる様々な森羅万象に耳をそばだて、眼を見開き イノシシの機嫌を得て捕獲に役立てようと臨んできた訳でございます。 生活のすべてが 「イノシシ様 ファースト」 の生活だぁ!


栗ご飯

今年も初物の栗はイノシシ誘引エサのおすそ分けで作りました!

生活のすべてが 「イノシシ様 ファースト」 の生活!

今年も初物の栗を使って栗ご飯を美味しく頂きましたが、 この栗はイノシシさま 誘引用のエサとして購入したものなのでございます。  鬼皮と渋皮を厚めに剥いたものを誘引用に使って、残りの部分、中身の真ん中ヘンくらいを少しだけ分けて頂いた次第でございます。




そんな圧倒的なワナ日数のなかで 「やったぜ!獲ったぁ!」という日はごくわずか。 
残りの膨大な日々は 「どうして獲れないんだろう??」と悩み考える日々が大多数だったのでございます。

そんななかでとらはひとつのある境地、極意に達したのでございます!

それは 「ここまで工夫してやって獲れないんだから仕方ないじゃんっ!」 という 一種 開き直りの境地 なのでございます。

魚釣りをしたことがある人は経験があると思うんだけれど、釣りを始めてすぐの初心者の頃って、何が原因で釣れないのかがさっぱり判らない。
エサが悪いのか、ルアーのチョイスが良くないのか、動かし方の問題か、潮の流れが向いてないのか、水温が低いのか・・・  そもそも、ここには魚がいないんじゃないか?? 不確定要素がたくさんありすぎてどこから対処していけば判らない・・・なんて事があったはず。
なにかひとつでも 「ここを抑えておけば何かしら結果が出るはず。」という確としたポイントがひとつ欲しいんだよね。

狩猟も釣りと同じで最初は不確定要素がありすぎてどうしようもない。どこから手を付けていいのか判らない。

だけど、ひとつ確実な指標が歴然とあればそこをベースに工夫を重ねていけば良いのでございます。

その確実な指標が 「ここまで工夫して獲れないんだから仕方ないじゃんっ」という 一種 開き直りの指標なのでございます!

その「開き直りの指標」を我が物にしてそこから経験を積んでいくスタート地点としてもらいたいのでございます。


これまで「ワナ猟」というと 知り合いにワナ経験者がいて教えてくれ、家の周辺にワナを掛けられる場所があって、いつ獲物が掛かっても対応できる自分で自分の仕事時間を決められる人、という三拍子揃わないとできなかった 実はとても敷居が高かった狩猟行為。
そのワナ猟をもっと気軽に経験を積める場作りがいよいよスタートするんだな!


さあ、明後日の10月1日から 今シーズンの狩猟体験企画の開催スケジュールと参加申し込みが開始でございます。

皆さんからのたくさんの応募をお待ちしております!







※お知らせ!

今シーズンのグッドハンティングの「狩猟体験企画」 は狩猟シーズンが始まった直後の11月24日(日・12月15日(日 ※予定  小田原を会場に開始する予定です。 

小田原会場ではエアライフルハンティングのみならず わな猟の現場にも皆さまをお連れし、捕獲があった場合は止め刺し作業も行います。
エアライフルハンティングに特化した伊勢原会場での狩猟体験企画は12月28日~1月5日くらいの予定で催行を検討中です!

狩猟体験企画のスケジュール公開と参加申し込みの受付け開始は10月1日を予定しています! ふるってご参加くださいませ~


※企画の詳細はこちら! グッドハンティングHP→  狩猟体験in小田原会場

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/568-dcc20e3f

<< topページへこのページの先頭へ >>