FC2ブログ

台北 食べ歩き

2019-05-01
パラオでの生活も板についてきて少しだけ知り合いも増えて楽しくなってきたパラオ生活。 
いやぁ~ 久しぶりに学生気分に戻って 自由と放蕩、お酒まみれの楽しい日々を過ごすとらでございます。

しかし、楽しい日々にもいつか終わりが来る。 諸行無常が世の常でございます。 旧友宅に転がり込んでダイビングと宴会に明け暮れた楽しい日々もいよいよ終るのでございます。

・・・あんまり長居しすぎると 「とらちゃん、いつまで居るんだよ~。」って思われちゃうことは重々承知のわきまえができているとらでございます。

・・・なんてったって、日本の我が家に福島の狩猟アジトからたまに帰ってきても、こんな感じで滞在3日間が限度なんだ。
・初日は「お客さん」  少しだけもてなしてくれる。
・2日目は 「ただの人」 皿洗いとか掃除とかしていないと 「ちゃんとやっといてよね!」と 妻に怒られる。
・3日目以降は 「異物」 
  福島に戻る素振りを見せないと奥さんと子ども達に 「いつ、福島に帰るの」  と言われるんだ。

「帰るの?」って言われてもここが本当の私の家なんですが 留守を長くしていると家に居るメンバーでルールと習慣ができていてその習慣に則っていないと 「異物」 なんだ。 愛犬もいつまでも居ると不思議そうな顔をする・・・ 
まあ、「自由」 の代償だから仕方ないよね。

それを判っているとらは、楽しい放蕩な日々を振り切って 一週間でパラオをあとにして帰国の途に着いたんだな!

なんだかんだいって、一週間も居候してしまったぁ!普通に考えれば長かったよね。     楽しかったな、パラオ。










最終日は雨
雨の台北空港 チャイナエアラインが次々に飛んでくる。 ここは東南アジアのハブ空港のひとつなんだね。

パラオには台北経由のチャイナエアラインを使って行ってきたんだ。
航空運賃が安かった、というのもあるのだけれど、台湾という国にも一度行ってみたかったんだ。 とらはまだ中華圏の国には行った事はなかったのだけれど、一度は行ってみたかった。

初めての中華圏の国なら安心して行きたい。 台湾は親日の国で大きな災害が日本であるとその都度、義援金を送ってくれるし、年配者の方は日本語教育を受けているので日本語も通じるという。
それになんといっても食べ物が美味しくて安い! というのが大変に魅力に感じていたのでございます!

飛行機の経由地滞在、ストップオーバーを利用して3日間の台北滞在でございます!
美味しいモノの食べまくり! に期待に胸を躍らせるとらでございます!


台北駅
台北駅 すごい雑踏! 活気もスゴイ

パラオを夜発の飛行機で発って 約3時間で台湾の首都、台北に到着! 夜だったんで予約していたホテルに直行してとりあえずこの日はぐっすり眠るとらなのでございます。

台湾初日は まずは台北観光の拠点になる台北駅に向かったのでございます。
駅とその周辺をウロウロしていれば街の状況や構成、面白いものやツーリストインフォメーション、庶民的な美味しくて安い食べ物屋さんも見つかるからね。
天井の高い駅舎内にはいると 人々の雑踏が わーっ!という感じで迫ってきた!人の数では新宿駅や東京駅のほうが多いのかもしれないけれど、日本の駅での人々は整然と流れているから わーっという喧騒はあまり感じない。

台北駅で感じたのは久々の喧騒だ。 アジア各地から様々な国籍、人種の人たちが集まってきている。 服装や顔つきも千差万別。 多国籍の様々な人々が富や仕事を目指して集まってきているのだろう。その勢いが喧騒となって迫ってくる感じだ。 

日本、負けちゃいそう~ な アグレッシブルな空気感が漂っていたんだな。



総統府
台湾総統府

日本統治時代のかつての台湾総督府。 日本で言うところの国会議事堂か首相官邸といった建物だろうか。赤白のバロック様式の立派な建物だ。 
中央の塔は天皇の権威を象徴するものであった事から、もし台湾が反日の国だったら真っ先にこの搭と建物は破壊されていただろう。 大事に総統府として利用し続けてくれている事は ありがたい事だね。

いやぁ~ 親日、ありがたいねぇ! などと思って建物の正面の写真を撮ろうと立ち止まったら、すかさず自動小銃を持った警備兵がやってきて、道路の向こう側から撮ってくれ、ここでは立ち止まらないように、とゼスチャーされた。

そう、ここは大陸の中国と緊張関係にあるんだ。

総督府の建物内部や周辺の公園には軍用トラックと軍関係者が駐在していてトラックには国境地帯にあるような物々しい有刺鉄線が大量に積んである。
きっと有事の際にはすぐに敷設して道路を封鎖するのだろう。
日本にいるとあまり感じない、国同士の緊張関係といったものを否応なしに感じてしまう。


台北風景
小さな食べ物屋がたち並ぶ 東南アジアでよく見かける街角の風景

ふらふらと散々に歩き回ってお腹がすいてきた とらなのでございます。
台湾でのいちばんのお楽しみの 「食べ歩き」 。

タイのバンコクでもそうだんたんだけれど、屋台やそれに近い小さな食べ物屋さんがひしめいていて、今日はナニを食べよう? と迷ってしまう。
メニューは漢字で書かれているから、だいたいどんな料理があるかは想像がつくのであとは指差しして いくつ欲しい、と伝えればほぼ問題はないんだよね。
それに小さなお店だと目の前で作っていたり、料理がならんでいるのでそれを指差して注文すればOK!

「年配の方々は日本語教育受けているから日本語でも大丈夫かなぁ?」と思っていたのだけれど、戦後から70年以上を超えて戦前の日本語教育を受けた世代は高齢になって社会の第一線から退いてしまったらしい。 もう、店先に立っていたりする世代じゃなくなってしまったみたいだ。
お年寄りでも日本語が判らない世代に代わっているようだ。

さらに、ホテルの従業員さんでも日本語はカタコト程度。 一時は日本人の旅行者が多くて日本語の看板が目立っていたり、旅行者相手のサービス業は日本語がしゃべれることが大事だったようだけれど、今 台湾にやってくる旅行者は日本人が減って韓国や中国からの旅行者が多いようだ。

日本の影がだんだんと薄くなってきているようでちょっと寂しい。 ここはひとつ、アニメや芸能人の皆さんに頑張っていただいて日本人気を盛り上げて欲しいなっ!

加油! 日本文化! 櫻桃小丸子! 加油!




チャーハン
チャーハン

中華料理 食べまくりの開始でございます! まずはチャーハン。

とらは無類のチャーハン好きなのでございまして、日本でも 初めて行く食堂にチャーハンがあると必ず注文するんだ。
チャーハンを食べてみて、そこの味が気に入るとその店の他のメニューも食べてみる気になるんだよね。

チャーハンで好みが外れると 「他の料理もちょっと嗜好が違うかも。」と思ってしまうんだ。

台湾初のチャーハンは 合格! 味付けの基本が日本人好み、というか、親しんでいる味の基本が一緒、という感じだ。
他の料理やお店も期待できそうだっ!

屋台のチャーハン 一皿210円くらい。 日本の牛丼より安いよね。 安くて美味しい。 素晴しい国に来たなぁ!


屋台肉まん
肉まんを夜のおやつに購入!

中華料理の食べ歩きは ひとりだとけっこうキツイ。

いろいろなものを食べたいんだけれど、一皿の量がそれなりにあるからよほど大食いでないといろんな料理を堪能できない。
一品食べるとすぐお腹がいっぱいになってしまう。

中華料理の食べ歩きはやっぱり数人で出かけていってワイワイみんなでシェアして食べる事が正解のようでございます。

この日、とらは台北の街をふらふら歩きながら チャーハン、 別の店で 焼き餃子、シュウマイを食べて 締めで肉まんを買ってホテルに戻ってビールと一緒に夜食で楽しんだのでございます。  肉まんは一個45円くらいかな。 お肉たっぷり、肉汁じゅわ~春雨のぷりぷりした感触もグッドな美味しい肉まんでございましたぁ!

どれも大変に美味しゅうございます! 台湾の味付けは日本人好みと断言していいかもっ!





ガチョウ料理
日本では珍しいガチョウ料理 台湾では人気が高い

SNSの発展はスゴいですねー 
ひと昔前なら考えられなかったんだけれど、海外に居ながらにして日本にいる友人たちとリアルタイムで連絡が取れるんだ!

Wifi が使えるホテルのフロントに降りては 「台北 なう」とかやっていたら友だちの一人が 「台北にいるならこのガチョウ料理の店に行ってみて。台湾ではガチョウをよく食べるらしいし、そこの店は美味しくて人気みたい。」という情報をくれたんだ。

そしたらすかさず別の友人が 「ガチョウ食べにいくなら 『油飯』 も注文して!ぜったいに美味しいから。」という情報をくれた。

ガチョウは日本ではあまり食べない鳥だけれど、ガチョウを家畜化する前の鳥は ガン でこの鳥は以前、捕獲しすぎて数が減ってしまい今は狩猟禁止になっている鳥なんだ。

狩猟をおこなう身であるとらとしましては 『美味しすぎて捕獲されすぎて数を減らしたガンを先祖に持つガチョウ。』 を食べない訳にはいかない!

グーグルマップで場所を確認してその店に行ってみると、開店前の11時半だというのに行列ができていた! 
中華系の皆さんは行列するのが苦手、みたいな話を聞いていたんだけれど、美味しい店の前では皆さん、大人しく行列して順番を守るものなんだなぁ!とちょっと感激。

ヒトの行動は脳みそでなくて 胃袋が司っている、胃袋に支配されている事は万国共通!だと実感! 胃袋万歳!

このガチョウのお店は地元客向けのお店でメニューも英語や日本語表記なんかはなかったんだけれど、 
紙に 「鵞肉 + 油飯 注文」 って書いて 店員さんに見せたらちゃんと料理が運ばれてきた!   筆談でなんとかなるっていいねぇ!

楽しみにしていたガチョウは塩味が付いていてスモークがかかっていて大変に美味しゅうございました!
白飯にガチョウを焼いた時にでる脂をかけた「油飯」も大変に美味しくて日本人の舌にもぴったり合うお味でございました!

とらは油飯をガチョウ肉でくるんで海苔巻きの様にして食べてみたけれどとても美味しい!!

他にも麺やガチョウの心臓を焼いた料理もあって、とても食べたかったんだけれど量が多過ぎて食べきれない事必至だったんで今回は泣く泣く見送り。

中華のひとり食べ歩きはつらいねぇ。




タピオカ茶
黒糖 タピオカ ティー

ガチョウ料理でお腹がいっぱいになったとらでございます! 三日目くらいになると台北の市街地の様子も少しずつ把握できてきたので3駅分くらいの距離をぶらぶら歩きながら街散策をしながらお腹の調子を整えて次の料理屋攻略を考えるしたたかでアグレッシブルなとらでございます。

ガチョウを楽しんでからぶらぶら歩きで数時間、少し小腹も空いてきたのでタピオカティーを楽しむとらでございます。

ここ台湾でもタピオカティーは人気でティースタンドがあちらこちらにあるんだ。
黒糖をタピオカに練りこんだこのティーはコクがあっておいしゅうございましたぁ!

台北では 他に 汁なし坦々麺のようなラーメンを食べたりして街角中華を堪能したんだな!

食べるコト以外にも、足裏マッサージや全身マッサージもしてもらってリフレッシュ! なとらでございます。

ちなみに台北ではマッサージ店が街のあちらこちらにあって、皆さん、気軽にマッサージを受けていたんだな。

一時間くらいのマッサージで 2500円くらいだったから日本のそれに比べて安いよね。

お腹も気持ちも満たされて楽しい台北滞在をするコトができました。


今回は 中華料理の高級店みたいな場所には行かないでひたすら屋台やそれに近い庶民的なお店を攻略していたんだ。
小籠包など点心は食べる機会はなかったんだけれど、今回はもう、お腹がいっぱいだ!

また来たいな台湾! 謝謝台湾! 再見!
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/552-6b0144f2

<< topページへこのページの先頭へ >>