FC2ブログ

とらは国外逃亡中だったんだな!

2019-04-18
お久しぶりのとらでございます。
ほぼ、2週間以上、ブログの更新がなかったから、 「とらログも遂に終わったか…」などと早々と終息の引導を渡しちゃった方もいるかも??

実はとらはこの2週間、海外逃亡を企てていたのでございます。

きっかけは今年のエイプリル フールに我ながら恥ずかしい大ボラを吹きましてね、いつもならたくさんの反応をもらってから「ウッソだよぉ~」とかいってネタばらしする事が定番でございましたが、今年は誰も「いいねっ!」をくれなかった!
大スベりして恥ずかしくて日本にいられなくなった末の海外逃亡、高飛び、潜伏でございました!

やっと心の傷が癒えて帰国したのでございます!





今年の4月1日、エイプリルフールは新元号の発表と重なったのでございます。
考えてみればこれからの時代を共にする元号の大発表、それと競ってウソをつく方が無理というもんだね。
エイプリルフールだったって事さえ忘れていた人も多かったんじゃないかな??

とらとしましては 新元号発表の際に 一発目で「ホラ元号」をかまして 「ウッソだよぉ~エイプリルフールだよぉ!」って菅官房長官どのにやってもらいたかったんだけれど、当たり前だけどそんなサービスはなかったな、残念!



それにしても、大ぼら吹くときは 「誰も本気にしてくれない、スベッた時の事」 も考えて段取りしないと恥ずかしいねっ!


では、どこに逃亡していたかの紹介でございます!



富士山
冠雪した富士山!やっぱりきれいなお山だね~

先ずは富士山を眼下に見ながら出国でございます!

やっぱり何度見てもきれいなお山ですね。 とらは一時期富士山の登山ガイドのサポートをやっていて一シーズンに23回も富士山に登ったんだ。
もう、登るのは一生分やったからもういいや。 あとはたまにこうやって飛行機から見下ろさせてもらえれば充分でございます。
今回のフライトはずっと天気が良くて関東平野から富士山、浜名湖、四国、九州とずっと遊覧飛行の様に下を眺められたんだ。

九州の土地が視界から遠くなって海ばかりになったところで雲が湧き出してそのあとは何も見えなくなってしまった。



ボートで移動
久しぶりのダイビングボート!吹き付ける風と波が心地いい!

成田を発って台湾の台北空港で乗り換えて向かった先はパラオ。 赤道にほど近い、ダイバーなら誰でも憧れる南洋の国に来たんだ。 着いた翌日からさっそくダイビングボートでGO!

とらは鉄砲を持って獲物を追いまわしている 猟師 のイメージが強い読者の皆さんも多いかも知れないけれど、実は 「漁師」 の学校(水産学部)を卒業していたりするんだ。

そう、将来なるものを「リョウシ系」と認識していたところまでは合っていたんだけれど 「漁師」 と 「猟師」 を変換間違えしちゃったんだよね~ 
良い子の皆さんは国語と漢字はちゃんと勉強しておいた方がいいと思うんだな。

とらは子どもの頃から生き物、それも魚に関わる仕事をしたかった。 幼児の頃からメダカや金魚を飼っていたし、中学生で熱帯魚、高校生でダイビングを始めるなど、うおうみ系 の世界の英才教育を受けていたんだっ!

ダイビングはしばらくブランクがあったけれど、一本穏やかな海域でリハビリダイビングしたら昔の勘を取り戻したぞっ!

さあ、久しぶりにガンガン潜るぞっ!

マンタにホワイトチップシャークにナポレオン!イソマグロにイルカもガンガン来いっ!って感じで盛り上がってきたぁ!!



オヤジ二人
「ヲヤヂ2人で南洋の海で微笑む」 の図

とらはパラオ在住の大学時代の旧友の家に転がり込んでご厄介になっていたんだ。

彼はとらの学生時代の部活の仲間 S。 とらたちは「潜水部」というバリバリ硬派な部活にいたんだ。

オシャレな「スキューバダイビングサークル❤」なんかじゃなくて漢字三文字の 潜水部 。 

「同じ釜の飯を喰った仲。」とか言うけど、学生時代は賄い付きのとらの下宿にSが来てご飯とみそ汁を良く食べて行ったものだったんだ。 
それが30年の時を経て今度はとらが彼の家に転がり込んで 飯とアルコールまで面倒見てもらった、という美しい話な訳だね。
どこでどんな風に世話になるかもしれないから、ヒトには 「恩」 を売っておいて損はない、と確信するとらでございます。

ちなみにこの S はパラオ在住の魚類博士だ。 少し前に魚類界の世紀の大発見!といわれた ムカシウナギ を覚えている方もいるかも知れない。 彼は ムカシウナギ の第一発見者なんだ。
魚類学的にはシーラカンスより古い時代の生きた化石として価値ある発見だったらしいんだけれど、エンピツくらいの大きさしかなくてインパクトが足りず、さらに同じときに少し大きなニュースがあってそれに隠れてあまり話題にならなかったらしい…

「とらちゃん、マスコミなんてそんなもんだよ。」 が酔った時の彼の口癖だったな…  残念!

他にもパラオに留まらず、アラスカ、カナダの鮭の大遡上 「ビック・ラン」 や アマゾン川源流域などの調査、シーラカンスプロジェクトに関わったりと活動はワールドワイド。 行動派研究者なんだな。

そんな彼に専任ダイビングガイドをしてもらった、という 超・贅沢なダイビングをしてきたんだけれどひとつおおきな問題があったんだよね。

「・・・とらちゃん、今日はさ、水深40mのところにある洞窟潜るから! すっげー レアな魚がいるんだ! 」とか言われて期待してついて行くと 水深40m over の海底洞窟の砂地を指さして目指す希少な魚がいると教えてくれる。

とらが見えない、探せないでいると磁石式のホワイトボードに 「 ● ○ ハゼ」と書いてくれるんだ!

おいおいおいおいおい・・・  決死の思いをして水深40mも下にある洞窟にまできて ハゼ かよっ! 
小っちゃすぎてローガンズ(老眼’s) のオレにはなんにも見えねぇよぉぉぉ!!

彼は魚類の中でもハゼ類を研究しているのでございます。 

そこでとっておきの希少種のいる場所に案内してくれたらしいんだけれど、ちょっとね… 
それよりナポレオンとかきれいな魚の方が良かった気がするんでございますが、せっかくガイドしてくれた彼に悪いんで、陸にあがってからも 何も言わず しずかに微笑むとらなのでございます。



りぞっちゃ
たまにはおしゃれにリゾッチャ!でございます!!

ほぼ、一週間、毎日のように海に出て3本ずつ潜っては帰ってきて飯屋にくりだして浴びるほどのお酒を飲んで酔いつぶれて寝てしまう、というほとんど学生時代と変わらない生活を送っていたとらたちでございます。

私たちが学校を卒業したのが昭和の最後の年。 それから平成の時代を慌しくも楽しく駆け抜けていよいよ年号が令和に変わる直前での久しぶりの再会。 
振り返ればいろいろ話も尽きないのでしょうが、とりあえず目の前の食べ物に喰らいついてお酒を飲んでバカ話に興じる進歩の見られないオヤジ達でございます。 ・・・ヒトってなかなか進歩できないモノだと実感!

・・・だけどさ、俺たちもいい歳になったんだから、ちょっと贅沢して大人の遊びをしようぜ、 と向かったのがパラオで一番のリゾートホテル、「パラオ・パシフィック リゾート」のビーチでございます!
有料ビーチで幌付きのビーチチェアに寝そべってひとときの贅沢を過ごすとらたちでございます!

同行した妙齢の女性はダイビングに来たSのお客さん。 「今日は潜らず砂浜でリゾッチャしましょう!」とか言って誘ってしまったぁ!
まだまだナンパもイケるんじゃないかと勘違いするとらなのでございます。

まあ、こんなのんびりする日も大事だよね。



アイス文明の味
文明の味だぁ!

パラオに来て食べ物には特に不満はなかったんだ。
たいていのモノはあるし、ビールもちゃんと冷えているし、何も問題はない。

・・・ しかし、人って「ない物」を求める習性ってあると思うんだ。

ここ、パラオに来て 「繊細な味のお菓子」 ってなかなか巡り合えなかったんだけれど、美味しいアイスクリームショップを教えて貰って行ってきたんだ。
冷房の効いた店内でボリュームあるジェラートの 「二玉のっけ」を注文して食べたら 大変に美味しゅうございましたぁ!

「ジェラートは文明の味。」というコトを実感したとらでございます。




Gマニュアル
ウワサの 「G安全マニュアル」 ・・・利き腕を他人に預ける 「握手」 はするな、と書いてあるのか・・・

昨今のテロや暴動、犯罪に邦人が巻き込まれるケースが増加していることを受けてウワサの 「Gマニュアル」 があると聞いていたんですが実物を初めて見たっ!

転がり込んだSの所もダイビングショップの看板を掲げているので 外務省から安全対策マニュアルとして「Gマニュアル」が配られていたんだな。
超・A級スナイパーのゴルゴ13が指南する海外で自分の身を守る為のマニュアルでございます!

「小さな鳥にも一発玉のエアライフルで勝負をかける凄腕スナイパー集団、その名も勇ましい、ぴよっこクラブ」の 親玉でもありますとらとしましては、永遠のライバル、到達点は 「G」 なのでございます!

その 「G」 が外務省の軍門に下るなんてっ!

読み慣れたゴルゴ13のタッチで様々な安全対策が紹介されているんだけれど、よくまあ、作者の さいとう・たかお さんがこのマニュアル作りに賛同したなぁ… と思うとらでございます。

とらとしましては ゴルゴ13、デューク東郷にはどこの国にも属さない一匹オオカミでいて欲しい! でも、読んだら面白いっ! おちゃめなデューク東郷もいいんじゃない??とすぐにひよるとらでございます。

・・・ちなみに 「Gマニュアル」の「G」は ガイムショウの「G]だそうだ・・・  やるな、外務省・・・  ....





今回のパラオ、台湾旅行はしばらくシリーズでお伝えするのだ! せっかく時間とお金を掛けて出かけたんだからブログネタ数本分は持たせないともったいないんだよね!

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/550-0a26a3ea

<< topページへこのページの先頭へ >>