FC2ブログ

山賊業務、いったん完了! なのだⅡ

2019-03-18
さて、無事にライフル教習も終えたとら 
老眼が進んで 「ローガンズ」の仲間入りをして、50m先の標的がぼんやりしか見えなくても、心の眼、「 心眼 」でターゲットを捕捉して正確に射抜く心得を体感したのでございます!

まるで濁った川に棲息して目があまり発達せずに代わりに電気をまとうことで生存の手段を手に入れ、進化させたデンキウナギのようですが、終り良ければすべてよし。 要は目的が達成できれば些細な事柄には気を取られないとらなのでございます。

山賊業務が一旦終了してすこし時間ができた とら。 ライフル教習をはじめ、ちょこちょこと動き出しているのでございます!
ふくしまけもんちゅ
ふくしま けも人(けもんちゅ)交流・就職相談フェア に参加!

およよっ! とらさん、山賊業務が終了したとたんに いきなり就職相談ですか!いやぁ、不安定な野生動物に関わっているといろいろ大変ですねー

・・・ あまり早合点して欲しくないんだな。 とらも福島県で野生動物関係の仕事に関わっている以上、やはりヨコの連携も求めたいのでございます。
各町村の担当者の方や、同じく福島県内で野生動物に関わる業務を担っている皆さんともっと情報交換をしたくて参加をしたのでございます。
もちろん、求職者のなかで良さげな人材さんがいたら引き抜いてこちらの仕事に関わってもらおう!という下心魂胆もありありでございました!
とらんとこみたいな極零細ブラックな組織ではすぐに動けそうな人材をいれないとすぐに立ち行かなくなってしまう。
「入社してからいろいろ勉強します~。とりあえず社会保障と保養関係の充実を望みます!あっ!あと、10時半と3時にはお茶休憩も15分ずついただきますからねっ!」 みたいな 「俺さま ブラック社員」 をすまわせておく余裕はないのでございます。


「けも人(けもんちゅ)」は獣と関わる仕事を持つ人、という意味の福島県が考え出した造語でございます。「んちゅ」は沖縄の「うみんちゅ」からひっぱってきたのだね。

福島県のみならず、日本全国ほぼどこでも獣との関係に悩んでいる地域はたくさんあるのでございます。それだけ人口が減ったり高齢化して獣たちの勢いが回復してきている証なんだよね。

特に福島県は東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて広大な無人地帯ができてしまった。その周辺エリアではもともと好生息地だった場所から人がいなくなり、狩猟も行われなくなったことから爆発的にイノシシが増えている事は皆さまご存知の通り。

さらに福島県の「中通り」と呼ばれるエリアは寒暖差の大きな盆地風の気候を活かした果樹栽培が盛んなのですが果樹など農作物被害も深刻なんだな。

そこで野生鳥獣対策に関わってくれる人材を募集、育てようと始まったのが「ふくしま けも人」。内容は「地域おこし協力隊」みたいな感じかな。

・・・野生動物の仕事を行政が作ってくれて、受け入れてくれる事はありがたい。 少し前に時代には考える事もできなかったような仕事だ。
・・・しかし、身分は2年間の契約職員、給与は 手当て込みこみで月に 20万円ほど、なんだ。 若者のスタートダッシュには良い仕事かも知れないけれど、そこで安定して生活を続けていくことはできない。

「オレは野生動物に関わって喰っていくぜっ!とりあえず取っ掛かりがあればそこからネットワークを拡げてオレはやるぜっ!稼ぐぜっ!」 みたいなハングリーは人には良いかもしれない。
だけど、地道にじっくり仕事に取り組みたいタイプの人には向いていないかもしれないね。

その辺のちょっと聞きにくいことをとらは臆せずに主催者側の行政関係の皆さんに単刀直入に聞いてみたんだ。

そしたら雇用期間は2年間だけれど、その後の事も考えたい、「若者のやる気搾取」的なことはしたくない。それに2年間の経験を積んだ人間をやすやす手放してまったく別の仕事に就いてしまった、もしくは他の県に持っていかれた、みたいな状況は作りたくない、と言っていたんだよね。

いち参加者のとらにそれ以上の事は話してはくれなかったんだけれど、「若者のやる気搾取」は避けたい、といちばんキモな事は承知していた様子なんでとらは未来はすこし明るいな、と感じたのでございます。

あとは若者にこだわらずにリタイヤした中高年の活用もアリだと思うとらなのでございます。
中高年がこれまで社会で培ってきた経験や人脈を取り込む事もできるし、結婚や子育てなど人生の大きなイベントはたいていが済んでしまっているので雇う側もその人の人生に対する責任も若者に比べて少ない気もするんだよね。

中高年はいつまでもひとつの会社にしがみついてないで、さっさと若いモンにポジションを譲ってさっさと楽になって好きな事して過ごせば精神的にもラクだよね。






※お知らせ!※

狩猟体験企画~わな猟編~ についてのご案内です。

とらログを読んで「私も狩猟ってやってみようかなぁ~」 と思われた皆さまはぜひ、とらが主宰いたします狩猟体験企画に参加して狩猟の概要をつかみましょう!  春は次年度の狩猟シーズンに狩猟参戦するのに適した季節です。

エアライフルで鳥を狙う 『狩猟体験~エアライフル猟編』 は今シーズンは終了となってしまいました。

今は「狩猟体験~わな猟編~」を 4月27日・28日・29日の日程で開催します!
わな猟体験は企画中の銃器の管理が削減されるため、参加費を今期より6500円に値下げしました(旧価格8000円 →6500円)

少し参加しやすくなるわな猟体験、皆さまのお申込みをお待ちしています!

狩猟体験のスケジュール確認と詳細はこちら! ⇒    狩猟体験するなら グッドハンティング!




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/547-08a15ce6

<< topページへこのページの先頭へ >>