FC2ブログ

山賊業務、いったん完了! なのだ

2019-03-10
39日でとらの今年度の山賊業務、イノシシ捕獲のお仕事が一旦終了したのでございます。「サン キュウー 」の日に終了! 「本店様、ありがとう! 来年度もどうぞよろしくお願いします!」という意外にも 処世術にも長けたとらでございます!


自営業者として一年間、突っ走って参りましたが大きな事故も怪我もなく一年間を過ごせた事にまずは感謝!でございますな。

来年度、そしてそれ以降につきましては今のところは予定は未定・・・。 一言で言ってしまうと

無 職 ! なとらでございますが、 そんな状況も開き直って、楽しんじゃおう! という図太い神経を手にいれた かわいくない とらなのでございます!

・・・いちおう、今年度は結果を出したし、プロ野球の監督だって就任してから「三年後を見ててください!」って言うくらいだからある程度の結果を残すまでは3年はかかるってことだよね・・・

っということで 「とらもそれなりに今年は頑張ったじゃないか!来年も契約を更新してやろう。」と 本店さまが判断してくれる事を切に願うとらなのでございます! 祈っ!  祈っ!  祈っ!! 






あと2年後が楽しみなとら。  お仕事が終ってナニをしているかのご報告なのでございます。


最終日に雪!
最終日にまさかのチェーン装着!

今年は暖冬気味で雪が少ないなぁ~ 花粉が心配 と思っていたとら。 捕獲業務最終日にとらの担当する捕獲エリアの最終チェックに出かけたのでございます。

平地部分はなんともなかったのですが、ちょっと山を登った北斜面ではこの時期まさかのチェーン装着の憂き目に遭ったのでございます。

その前日夜に雪が降ったのでございまして、翌朝は良い天気になったのですね。 今の時期は日差しも強くて昼間に日がさすとどんどん雪が解けるのですね。
そこまでは良いのですが、冬のあいだカチンカチンに凍りついた地面は春の日差しを浴びても表面しか解けないのでございます!
つまり、未舗装の林道の道は表面は雪が解けてグチャグチャ、だけど地面のすぐ下は相変わらず氷の層が頑張っている、そんな状態なのですね。
そんなグチャグチャ道をタイヤで引っかいて登ろうとしてもすぐにスタックしてしまうわけでございます。 4WDでもね・・・

そんな、こんなでこの冬初のチェーンをこの時期になってから装着したのでございます! もちろん、とらもチェーン装着時に泥にまみれてグッチャグチャ・・・でございます。

ちょっと上にあがれば雪と氷は健在できれいな雪道だったんですよね。  この場所ではたくさんのイノシシを葬ったので彼らの嫌がらせかもしれないナ。

いちおう、最終日の訪問だったので線香を焚いて供養をしてあげたのでございます。



ライフル教習
ライフル教習を受けました!なんとか、一発合格しましたぁ! 

日本では散弾銃を所持して大物猟出猟もちゃんとして10年経つとライフルを所持する審査を受けることができます。

「散弾銃所持して10年でライフルを所持できる資格が得られる。」 じゃなくて
 
「散弾銃所持して大物猟にも参加してそれなりの経験と技量を積んで10年経ったらライフルを所持申請することができる。」という点がポイント。

10年経ったら誰でもライフル所持ができるわけじゃないんだよね。

とらは狩猟を始めるきっかけが「農家の鳥獣被害を減らす」だったので最初からイノシシや鹿などの大型動物が狩猟の対象で、さらに彼らの捕獲の仕事をするにあたってより強力な道具の方が捕獲効率を高める事に貢献する、というコトでライフル所持を希望してそのための準備を進めていたんだ。

仕事が一段落した折を見計らってライフル教習を受けたのでございます!

まずは座学。 10年前に学んだ猟銃の扱い方の復習に加えて強力な猟銃、ライフル銃の特性についてまなびます。
弾丸を発射する際に薬室内に満たされる高圧、散弾銃 800kg/㎡ に比べてライフルは 3000kg/㎡ にも達する威力の高さ、
散弾銃から発射できる一発弾、スラッグ弾より遠方まで正確に弾道が維持されるその仕組みなどについて講義を受けたのでございます。

・・・散弾銃とは別物の強力な猟銃でございますな!

そしていよいよ実技とそのあとの試験。

とらはクレー射撃の他にエアライフルを使っての標的射撃も経験があったのでそれらの経験を元に私見を述べさせていただくと、

ライフル射撃は クレー射撃の 「動いているものに弾幕を張っておおまかに捕らえる」的な射撃とはまったく違い、

高性能エアライフルによる標的射撃に似るけれど、遠方まで正確な弾道が維持されることから、エアライフルより的に当てやすいとう感触を得たんだ。
エアライフルより的に当てやすい、と云うのは、エアライフルの弾だと弾自体が軽いのと、発射される力が強くないので標的までの距離、30mと 50m とでは着弾場所が大きく変わるんだ、それに風に流されるなど他から働く要因に影響されやすい。

それに比べてライフルは強力な力で重い弾頭が射出されるから多少の風や距離の違いに関わらず、狙った標的に向かってまっすぐに弾頭が飛んでいく感じだ・・・ これまでエアライフルで標的を狙っていたとらにとってはむしろ 「中てやすい」と思ったぞ。

・・・しかし、「中てやすい」のは確かかも知れないんだけどさ、高性能エアライフルで標的を狙う時は 「スコープ」を使うんだけどさ、ライフル教習の練習とそのあとの試験では 「オープンサイト」 つまり標的を倍率あげたレンズを通してみるんじゃなくて裸眼で見たまんま、そのものを狙って撃たなくてはならないんだ!

50m先の直径15cm程の的なんて、 齢を重ねて老眼が進んできた 「ローガンズ」 のとらにとってみればぼんやりした黒点でしかないんだ!

そんな黒点に中てろ、なんて!それも初めて手にしたまったく扱いなれていない異種の猟銃で30発の練習しかしなくていきなりテストで20発撃って標的内に中てて点をちゃんととらないと合格させてやらない!なんてっ!!

いつものんびりしているとらもその状況を把握したとたんに 「普通に頑張ってたら合格できない!」とすぐに察知しましてね、最近では経験のないほど頑張っちゃったのでございます!!

・・・こんなに頑張ったのはいつ以来だろう・・・ ライフル教習を無事に終えて合格の証書をもらい、その後強烈な空腹を覚えたとらは一目散に近くの食堂に飛び込んで注文を終えて振り返るのでございます。

そうだな・・・ こんなにひとつの事に集中して頑張ったのは、学校を卒業して 一年間、アメリカ大陸を車では走りまわって風来坊の生活をする、 しかし、その為には国際免許ではアメリカの車の保険に入れないから現地で運転免許を取り直さなくちゃいけない・・・エイゴで試験を受けて外人の試験官をとなりにのっけって試験を受けなくてはならない・・・という切羽詰った状態に置かれたとき以来ではないかと思うのでございます。  ほぼほぼ、30年ぶりくらいだよね。

まあ、30年経っても人間って集中しなくちゃいけないときはちゃんと集中できるんだ、と確認できたことは収穫だったな。

ガッツりめし
せっぱつまった後の「ガッツり飯」 この量をこの歳で平らげるってのも切羽詰る事案のひとつなんだな

午前中の30年ぶりのお脳のフル稼働で激しく消費した糖分他を補うべく、お脳が欲した中華3品!

さすがにこの量を平らげる事も「切羽詰った事案」になりかけたのでございますが、なんとかクリア!

こんなどたばたを繰り返しながらもとらは元気にがんばっておるのでございます!!



※お知らせ!※

狩猟体験企画~わな猟編~ についてのご案内です。

とらログを読んで「私も狩猟ってやってみようかなぁ~」 と思われた皆さまはぜひ、とらが主宰いたします狩猟体験企画に参加して狩猟の概要をつかみましょう!  春は次年度の狩猟シーズンに狩猟参戦するのに適した季節です。

エアライフルで鳥を狙う 『狩猟体験~エアライフル猟編』 は今シーズンは終了となってしまいました。

3月中下旬以降からは「狩猟体験~わな猟編~」をゴールデンウイークまで開催しますのでそちらへの参加も検討ください!

わな猟体験の実施予定日と参加申し込み開始は2月下旬からとなりますので、スケジュールとお申し込みはグッドハンティングHPにてご確認ください。
また、わな猟体験は企画中の銃器の管理が削減されるため、参加費を今期より6500円に値下げしました(旧価格8000円 →6500円)

少し参加しやすくなるわな猟体験、3月の企画実施日を公開しました。 皆さまのお申込みをお待ちしています!

狩猟体験のスケジュール確認と詳細はこちら! ⇒    狩猟体験するなら グッドハンティング!


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/546-b8da4b29

<< topページへこのページの先頭へ >>