FC2ブログ

毎朝の 「プチ出猟」 が楽しいんだナ!

2019-01-24
さあ、今シーズンの狩猟シーズンも残り 一ヶ月を切りましたぁ!

普通、3ヶ月なんて一年の1/4 もあるんだからもっと長く感じても良いはずなんだけれど、本当に あっ! と言う間 なんだよね!

毎日いろんなSNSにアップされる 「獲ったド~」の写真に心癒されたり、心かき乱されたり、と刺激の多い期間だから
 あっ! と言う間 なんだろうね~

今年、初めてエアライフル猟の仲間になってくれた方から 「人生初の獲物 遂に獲れましたぁ!」 というメールにはほっこりして、「良かったねぇ! 獲物に中てる感覚が掴めたら上達は早いよっ!」みたいな前向きエールを送ってあげたりするんだけれど、

「人生初の獲物獲りましたぁ! なんと、いきなりキジです!!」みたいなメールには「良かったですね!」 とエールを送りつつ、 ふーん、今シーズンの猟運、みんな使っちゃたカモ...  みたいな 憎まれ口を叩きたくなる まだまだ人生経験希薄、修行が足らないとらなのでございます!

・・・じつは とら はまだ エアライフルでキジバトより大きい獲物を獲ったことがないんだ!悲っ! 悲っ!







日々、獲物を求めて猟場を歩き回るとらなのでございます。
出猟しない事には獲物には恵まれないもんね。

幸いな事にとらが潜伏する 自称・「狩猟アジト」周辺には狩猟ができる場所がいくつもあるのでございます。

ここが地方都市、郊外暮らしの良い点だね! コンビニやスーパーマーケットなど生活するに必要な拠点が近くにありつつ、野生動物とのキッタ、ハッタの現場もすぐ近くにある。

都会に住んでいると猟場に出掛けるのも週末の一大事で、奥さま、家族対応も含めていろいろ事前の準備とかして有効な休日の過ごし方を考えなくちゃいけないんだけれども、 自然環境が豊かな土地に住んでいると 狩猟や釣りが 「日常事」 のひとつなんだな。 

この気負いのない狩猟生活のスタイルがとらはとても気に入っているんだ。

早朝とりまち
早朝のとらの鳥待ち場所。アジトから車で5分足らずで到着できる「日常の猟場」でございます

夜明けから仕事が始まる少し前まで風のない日はほぼ毎日、猟場で過ごすんだ。

いちばん近い人家までは500mくらいあって狩猟ルール的にはここで散弾銃とか発砲しても問題はないんだけれど、毎朝発砲音で住民の安眠を終らせていてはいつかクレームが入ってここでの猟ができなくなるかもしれない。
だから 早朝のこの猟場ではエアライフルしか使わないんだよね。 こんなちょっとした気遣いで末永く狩猟を楽しめると考えているとらなのでございます。

エアライフル猟は「待ち猟」。 ひたすら木陰に身を隠して獲物になる鳥がやってくるのを待つんだな・・・。

獲物以外の鳥が頭の上でピヨピヨ鳴いていてもじっと我慢・・・ 彼らがいる事で安全だと安心してやってくる獲物になる鳥、キジバトやヒヨドリをじっと待つんだな。

・・・えっ? 真冬の早朝に外でじっと鳥待ちをしているのはつらくないかって??

たしかに手足はこごえて寒いんだけれど、やってくるかもしれない獲物を待っているとタイクツもしないし、寒さも感じない。

それに、獲物にならない鳥たちが頭上でうろちょろしている時は バードウオッチャー になって鳥を見ていると気持ちも和むんだ・・・

あっ!カワラヒワさん! 今日もみんなで遊びに来たんだね! 羽の黄色いワンポイントが素敵だねっ!

ツグミさんも仲間が増えてきたね~ ぷっくり太っていて美味しそうだねぇ。キミ達は食べるととても美味しいと聞いているから興味深々だけど、今は獲らないから安心してね!
もし解禁されたらすぐに獲って食べちゃうと思うけど、いまは友だちさっ! 食べちゃいたい程かわいいツグミちゃん!

ハヤブサくん、 キミがいるとほかの鳥たちがサ、警戒してみんな隠れちゃって猟にならないからさ、はやくどっかに行ってくれないかなぁ・・・

カラスくんかぁ・・・ キミは獲っていい鳥だけど、一回食べたからあと5年は食べなくていいやぁ~  はやくどっか行ってくれんかなぁ~

そんなバカなコトを考えながら 「獲れる鳥」が来るのをひたすら待つとらなのでございます。

まあ、「獲れる鳥」が来たとしてもエアライフルで安心して狙えるのはヒヨドリとキジバトくらいなんだよね。

カモやキジとの遭遇もたまにあるんだけれど、余程良いタイミングでないと撃って半矢(怪我させてしまうこと)にしてしまう事を考えると、追っかけて回収する時間がとれない。 
仕事の開始時間にやっぱり遅れるわけにはいかないから見逃しちゃう事もままあるんだよね。

先日はあこがれのタシギに猟場で初めて遭遇したんだけれど、撃って中る気がしなかったんだ。
さすが 「スナイパー」の称号を手にできる鳥、とても、とても撃っても中る気がしなくて見送ってしまったのでございます。

※タシギの学名は「スナイプ」。 射撃の名手、「スナイパー」は 「タシギを獲れるほどの腕前を持つ名射撃手」から来ているとの事

陽が出ている間はエアライフルで猟場をまわってからお仕事でイノシシの捕獲、夕方もまだ陽が落ちる前にお仕事が一段落したら猟場を歩くという 「黄金の日々」 を過ごすとらでございます!





タヌキお尻チェック!
夜はデスクワーク・・・ 現代の狩猟者にはパソコン操作は必須です。  タヌキの仕草に癒される・・・

昼間は猟場を渡り歩いているツケが夜になるとまわってくるのでございます。

陽が暮れたらデスクワーク・・・

顎外し練習用のイノシシ頭蓋骨を置いた事務所でひたすらパソコンを眺めるとらでございます。

センサーカメラに映った動物をひたすら眺めまくります・・・ 何千枚撮れていてもちゃんと見るっ! 数千枚の中の一枚に捕獲につながる大切な一枚が埋もれているかも知れないのでございます!

延々と続くコマ送り写真に疲れもするのですが、それを癒してくれるのも動物たちの写真なんだ!

冬のこの時期の冬毛でモコモコしたタヌキの仕草には癒されます!

ダブルで同じ方向をのぞき見るたぬきちゃんの写真に癒されるんだな! とくにこのモコモコしたふくよかなお尻がたまりません!!



アナグマおしり
アナグマのおしりもかわいい・・・中型哺乳類のお尻マニアになってしまいそう・・・ 危!

アナグマのお尻もたまりません!! センサーカメラ映像は動物たちの警戒心を解いた無防備な姿を垣間見れて クセになっちゃいそうなんだな!
ちょっと盗撮魔、ストーカーっぽいアブナい趣味っぽいんだけれど、これもお仕事の一環でございます!

たぬき、アナグマのお尻フェチになりそうな危険性をはらみつつも日々、お仕事にまい進する、意外とお仕事人間のとらなのでございます!

※お知らせ!※

今年度の狩猟体験についてのご案内です。

とらログを読んで「私も狩猟ってやってみようかなぁ~」 と思われた皆さまはぜひ、とらが主宰いたします狩猟体験企画に参加して狩猟の概要をつかみましょう!  春は次年度の狩猟シーズンに狩猟参戦するのに適した季節です。

エアライフルで鳥を狙う 『狩猟体験~エアライフル猟編』 は2月9日・10日の残り2回開催で今シーズンは終了となります。


3月中下旬以降には「狩猟体験~わな猟編~」をゴールデンウイークまで開催しますのでそちらへの参加も検討ください!

狩猟体験のスケジュール確認と詳細はこちら! ⇒    狩猟体験するなら グッドハンティング!



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/541-f6170bcb

<< topページへこのページの先頭へ >>