FC2ブログ

2018年度の狩猟解禁!

2018-11-21
今年も狩猟シーズンが幕開けしました!

先週の週末、とらもさっそく出猟してきたんだな。 この数週間は狩猟の準備やなんや、かんや 慌しくてブログの更新も滞りがちなんだけれど猟期の前後は毎年の事なのでとらログファンの皆さんは一種の風物詩だと思っていただきたいと思うんだ。

とらログの更新が滞りがちだと 「ああっ 今年も狩猟のシーズンか・・・とらさん、山行ってあそびまくってんだろーなー」 と思っていただきたいのでございます。 

・・・俳句で言うところの「季語」ってヤツに近いんじゃないかな。






先週の土曜日はとらのエアライフル猟仲間、小さなちょこまか動き回る鳥にも一発玉で勝負をかける、スゴ腕スナイパー集団のその名も勇ましい ぴよっこクラブ の新人さん向け実猟体験会を行ったんだ!

とらの主催する狩猟体験イベントに参加して 「狩猟をやるぞっ!」 と決めた皆さんが狩猟免許と猟銃所持許可をとって仲間になってくれたんだ。
・・・うれしい事だよね!

今年度のぴよっこクラブの新人さんは8名!
毎年5,6人の新しい仲間がエアライフルを所持して仲間になってくれるんだけれど、8名は多いなっ! 
とらの狩猟体験イベントとその後の新人ハンターさんの受け皿として ぴよっこクラブが 狩猟を始めたい皆さん の登竜門として定着してきた、というコトかな?

うれしい事だよね!まあ、入ってくる人もいれば残ってくれる人、去っていく人もいる。散弾銃所持に進んでカモやキジ撃ちに転向する方もいる。
ぴよっこを去った人でも連絡し合っている人は多くて猟場や狩猟グループの情報を共有しているし、大物猟のグループを紹介する事もしているんだ。

そんな狩猟の入り口、登竜門としてのぴよっこクラブ。「ぴよっこクラブ」の猟場は他者が入れない閉鎖された場所。
他のハンター、特に散弾銃ハンターが入ってせっかく寄ってきた鳥を散らされちゃう恐れのない安心な場所なんだけれど、比較的広い場所とはいってもハイパワーエアライフル全盛の今の時代、やはりある程度銃の扱いに慣れてからでないと入猟は危険なんだ。
鳥が集まる場所ってどうしても限られてくるから知らず知らずのうちのハンター同士が近寄ってしまう。

同じ鳥を狙って双方から相撃ち! なんて事態はぜったいに避けたいからこの場所に入る前にある程度経験を積んでいただこう、という目的で猟場に入る前に まったくの初心者の皆さんを対象にした実猟体験会の開催、という訳なんだ。

「射場以外で猟銃を扱うの、初めてです~」 という皆さん、緊張と高揚が入り混じった良い表情をされていたんだな!

最初のとらのおはなし てっぽうを扱うみっつのお約束 の話を聞いてからさっそく入猟!
・銃口はひとに向けない
・弾は待ち場に着くまで装弾しない
・安全装置は掛けておく
 
    この三つのお約束を守れればたいていの猟銃事故は防げるんだよね。

しばし待ち場について主にヒヨドリを待っていたんだけれど、残念ながら発砲するチャンスには恵まれなかった。この時期は木々の葉がまだ茂っていて撃つチャンスはあまりないんだよね。
だけど、声は良く聞こえていて鳥の数は昨年より多い気がする。 次回以降はひとり、もしくは仲間とこの場所に通って経験を積んで(できれば発砲経験をして獲物を手に入れてみて欲しい!

今はとにかく安全な猟銃の取り扱いに慣れてから本格的なシーズンをぴよっこエリアで迎えて欲しいんだよね。



翌日はイノシシ、鹿を狙う大物猟に参加!

大抵のメンバーとは2月末以来の再会だから 「やあ、やあ ひさしぶりっ!今年もよろしくお願いします!」の挨拶から始めるんだ。一足早い新年の挨拶みたいなもんだね。

この日はいつもの場所と違うエリアでタツを張ったせいか獲物には恵まれなかったんだけれど、あまり山奥にも入らなかったので久しぶりの猟には丁度良い場所だったな。
足がまだ慣れていないのに山奥のタツまで歩いていくのってけっこうキツイんだよね。

そんな、こんなで 今年も無事初猟を終えたんだな。


翌日には鳥撃ちの猟友から 「とらさん、カモ獲れたけれどいらない??」 という連絡がさっそくあった!

前にも紹介した 「食べるコトより撃つ事の方が得意な」 猟友がさっそくカモを獲ってきて、とらさんにあげる、というありがたい申し出だぁ!
とらは即座に「頂きます!もらいますよ、ありがとう!!」といって翌日には引き取りに行ってきたんだな。

猟友は昨年よりさらに腕を上げて週末2日間で3羽のカモを落としてきたんだ。もちろん、3羽とも頂いちゃいました!

かくして狩猟解禁の4日目にしてとらの狩猟アジトの軒下には三羽のカモがぶら下がっているのでございます。

あと2,3日ぶら下げて熟成が進んだら羽をむしって かも鍋 にする算段でございます!

猟期は慌しいけれど楽しい!

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/534-fdb28a89

<< topページへこのページの先頭へ >>