FC2ブログ

「人生の楽園計画」 をぼちぼち準備しよう

2020-03-29
コロナウイルス禍が世界中で猛威を振るっている・・・

ほんとうは昨日、とらが主宰するエアライフルハンティングクラブ、 
その名を聞けば泣く子も黙る超・A級スナイパー集団!小さな鳥にも一発玉で勝負を掛ける精密射撃に長けたすご腕が集う その名も勇ましい「ぴよっこクラブ」  の猟期あけ打ち上げ会が行われる予定だったんだけれど、少し前の段階で、「この騒動は長期化する…」 と考えたとらは早々に開催を延期していた。

延期の判断はどうやら正しかった様なんだけれど、、いくら何でも 「都市封鎖」 とか 「パンデミック」 という言葉が現実味を帯びる事態になるとは想像もつかなかった…。

事態は想像するより深刻で長期に渡って、これまで当たり前だった 『行動の自由を謳歌する』事 ができない状況が続くんじゃないかと覚悟した方が良いかも知れない。

今、コロナウイルス禍の渦中にいる私たち全人類は、時代の大きな潮目の中にいるんじゃないか、と とらは思うんだ。








医療に疎いとらが軽々しく発言することはよくない事だと思うんだけれど、それでもうすうす感じるのは、コロナウイルス禍がこんなに早く、全世界に広まったのは人類が懸命になって構築したヒトとモノのグローバル網と都市の一極集中の為だと思うんだな。

便利で快適、必要以上の富を築くために構築した都市機能がそのままウイルスの蔓延に利用されてしまった、と考えるんだ。
ウイルス自体はヒトが運んで他の人と接触しない限り、移動も蔓延もできないからね。

これからワクチンが開発されて今のコロナウイルス禍は終息してゆくのだろうが危険性は完全に去った訳ではない。
そのうちまた新たなウイルスが誕生して人類を危険に晒すのだろう・・・。
そして、そのウイルスも人類が築いたグローバル網と大都市を拠点に感染症を拡大してゆくのだろう…

人類はこれからもずっと新たなウイルスの出現を気にしながら生きていかなくてはならないのかもしれない・・・

感染症の脅威から完全に逃れることは難しいだろうけれど、感染のリスクをなるべく減らすことはできると思うんだ。

その一つが極端な人口一極集中から身を離しておくことだと思うんだな。 つまり、地方都市暮らしや田舎暮らしへの移行だね。

もう一つが最小限の食料調達は自分でできる様にしておくこと。今回のコロナウイルス禍でもマスクの買い占めから始まってトイレットペーパー、都市封鎖が言われてからは食料の買い占めなどプチパニックが続いた。

その様な騒ぎに巻き込まれない方法としてとらはこれまであたためていた 人生の楽園計画 をそろそろ準備していこうと思うんだ。

とらが若い頃から漠然と自然環境が豊富な中で暮らしたかった。 その手段として当初、考えたのがアウトドアスクールなど自然学校なんだ。
冒険家の植村直巳さんがアウトドア学校設立の希望を抱いたまま、志半ばで冬のマッキンレーに消えてしまった頃とも重なるんだけれど、その他にもキャンプ場経営やペンション業をやりたかった。

要はアウトドア好きで自然の豊富な場所で暮らす事を嗜好している事はずっと変わらないようだから、これからもきっとこのセンで行く事はまちがいなさそうだし、このセンで突き進んでも後悔はすることもなさそうだ。

「狩猟」というとらにとって究極のアウトドアに時代の巡りあわせで出会えたことも幸運だった。
元々は動物好きだったから今のように一部の動物が増えて自然界にも人々の暮らしにも支障が出る、という状況になかったら猟銃を持つこともなかったし、獣を狩ることもなかったであろう。 さらに狩猟者自体が激減している時代にも重なったので時代の要求に吸い上げられて狩猟行為でお金をいただける身分にもなれた。

っという事でとらの人生の楽園計画 は具体的に言うと狩猟を軸にした農山村でのアウトドアスクールの開校という事だと思うんだな。

獣被害が顕著な土地に狩猟学校を構えてそこに生徒さんが宿泊できるような宿を設けて獣害対策と捕獲技術を伝える。

さらに自給+α 程度の畑をやってお酒のツマミになる作物を中心に育てる。 ミツバチを飼ってハチミツをいただき、釣りも再開したい。
カヌー、ダイビングも楽しむ程度に再開したいし、年に1,2回度程度の高山帯の山歩きも続けたい・・・

アウトドア、狩猟、養蜂、農園好きな仲間たちと 毎日たくさんのお酒を呑みながら おもしろおかしく暮らしましたとさ、めでたし、めでたし・・・というのがとらの人生の楽園計画でほぼほぼ間違いがなさそうだ。


コロナウイルス禍で外出自粛でつらつらいろいろ考えていてだいたい考えがまとまったかな。

このセンでいろいろ動き始めようと思うんだな。


※お知らせ!

グッドハンティングの狩猟体験企画 伊勢原会場~ワナ猟編は4月4.5日の開催はコロナウイルス禍がまだ終息を見せない事から延期を決定しました。
代替え開催日は 5月5・6・9日です。 定員には余裕がありますので新たな参加申し込みをお受けできますがコロナウイルス禍の為、休止になる場合もあります。

5月から開講の狩猟学校 in 小田原は 予定定員を上回る参加希望を頂いたため、ただいま参加者募集は休止中です。

6月の本格始動にあたって欠員が出た場合のみ、追加の募集をしたいと思います。




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/525-68d1692a

<< topページへこのページの先頭へ >>