シカの有害駆除に参加してきました!

2018-07-13
あっ! っと言う間に梅雨があけ,西日本の皆さまは豪雨災害で大変な夏の訪れとなってしまいました! 

微力ですが、募金等で被災地復興に協力させていただきますね。

3.11の時に災害ボランティアとして現地で活動した経験から 「モノよりカネ。カネはどんな品物、欲しいモノに化けてくれる。」事を身に沁みて感じているとらでございます。
ボランティアに駆けつけられない皆さま、どうでしょう? 毎日のランチのグレードを少し下げて支援金の捻出で協力しようではありませんか!!


一方、東日本では暑い日が続いています。
熱中症には気を付けなくてはいけない日々が続きそうですが、でも「ひでりに不作なし」 とも言いますので、これから出てくるであろうおいしい果物、野菜に期待したいものでございます。







3jpg.jpg
カネ も大切だけれどサ、手書きの心がこもったメッセージは被災者のみならずそれに携わるボランティアさんにも力をくれるんだ

3.11 東日本大震災の災害ボランティアとして現地入りしたとらを励ましてくれたメッセージ。
必要な物資にすぐに化ける「お金」はとても大切な災害ツールだけれど、人の心が伝わるメッセージも大切な災害支援アイテムだ。
被災者だけでなく、それに関わるみんなも励まして貰えるからね!

今のとらは3.11の頃みたいに現地に駆けつけることはできないんだけれど、そのかわり気持ちをお金に替えて現地に届けたいと思うんだよね。

しっかり稼いで支援に協力するんで復興を頑張っていただきたい。

宇和島の美味しい 「じゃこ天」 を また ワシワシと食べたいぞっ!  復興を待っているんだなっ!






ミゼットくん

ミゼットくんでシカの有害駆除に参加っ! 頑張るぞ! おう!おう!

とらはとらの今いる立場で頑張っていくぞっ!
日本国民の義務として支払う税金はちゃんと納めるからサ、 全体を見渡して有効に遣ってもらいたいと願うとらでございます。


今日はシカの有害捕獲に参加! 粛々とできる事、必要とされている事に関わり続けるとらでございます。

とらが他に所持するクルマ(軽トラ、デッキバン、日産セレナ)がそれぞれ、自分の役割りに特化するなかで、いまいち、自分のポジションを持てていないのがミゼットくんでございます。

・・・かわいいんだからいいんだけどさ、やっぱり 「このクルマを所持、維持する目的」 ってないと外部監査的な奥さまの理解を得る事は難しいよね・・・。

「太平洋を見に行ってきました。」
「射撃場に行って来ました。」 
くらいの実績では所持理由になりにくい・・・

やっぱり狩猟者の本懐、
 「有害駆除に参加する為のクルマにミゼットくんがひつようですっ!キッパリ」   という位の大義名分が必要なのでございますっ!

当日の待ち合わせ場所に到着するとすでにガラの悪い猟友たちがたくさん到着していて 「なんか、かわいいクルマが来たじゃねぇかよ。」とばかりにじろじろと注目されまくるとらとミゼットくんでございます!


いや~ん、はずかしい・・・ そんなにみつめないでっ! 注目しないで欲しいのでございます!



タツ

汗だくになりながら待ち場に到着! 木々の葉がすでにうっそうと茂っていて見通しが悪い! 獲物の確認は慎重に!

汗だくになりながらタツに到着!  持ち場を固めるとらなのでございます。

・・・撃てる範囲はごくわずかだな。 

木々がうっそうと茂っていつもながら有害捕獲は通常の猟期の狩猟以上に気を遣うのでございます。




山ビル

「お約束」 のヤマビルの襲撃っ! 気が付かないうちに潜り込まれて噛まれる事もしばしば・・・
ホントウにやっかいなヤマビル。
高温多湿はヤマビルにとって絶好の生育環境なので今回も元気な連中に散々、たかられてしまいました!

こんな風に足元に寄ってくるヤツを運よく見つけられれば捕まえてひねってやるのですが、それでも7,8回ひねったくらいでは動きが止まらないんだや
数が多くて動きも早いのでぼやぼやしていると潜り込まれて噛まれてしまう・・・

今回も気をつけているつもりで数匹に地下足袋の中に潜り込まれてしまいました!




今回の捕獲は全員でオスのシカが一頭。 獲物の数としては少ないんですが、大きくてお肉がたっぷり付いた大きなオス鹿だったんだ。

とらは夏時期のオスのシカがシカの中で一番、美味いんだと思うんだよね。

春先くらいまで、オス鹿はガリガリに痩せて命を落すヤツまでいる。 秋の繁殖期にはハーレムを作ってたくさんのメス鹿に種付けする事に注力して寝食を忘れて励む!
その結果、冬の一番エサがなくて生きることに厳しい季節にガリガリ、スカスカの体力で乗り切らなくてはいけないわけだ。

当然、その中で相当数が命を落すのだろうが、それも厳しい自然の摂理、生存競争なんだろうな。

そしてようやく迎えた新緑の季節、ちょうど今だよね。

この時期にオス鹿連中はもりもりエサを食べて来るべき秋のメスを獲得すべきシーズンに備えるわけなんだよね!

・・・今シーズンもいっぱいのメスたちにオレの子孫を繋いでもらうんだっ! やるぜっ! オレっ! ってな感じで気合と気力充実しまくりなお肉だと思うんだよね。




肉を持ち帰りたいヒトを募って肉を分けたのですが「夏はお肉がすぐいたむ。」という先入観があってか引き取り手が少ないんだよね!
おかげさまでひとりあたまの肉量は結構なボリュームになりました!

今回、とらには撃つチャンスはめぐってこなかったのですが、美味しい夏鹿の肉を手に入れることができたので福島のアジトからクルマを飛ばしてくるだけのメリットはあったのでございます。

さあ、アジトに戻ってじっくり熟成させて美味しく食べよう、そんな期待とともに意気揚々と引き上げるとらなのでございました!

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/516-f26b8843

<< topページへこのページの先頭へ >>