丹沢・明神ヶ岳を歩いてきました!

2011-11-29
明神ヶ岳は丹沢といってもだいぶ箱根寄りです。
公共交通機関でのアクセスはあまりよくない(乗り換えが多い)のですがなだらかな山歩きが続いて歩きやすい山です。
P1000864.jpg

登山の入り口の大雄山最乗寺。スギの巨木に囲まれた深い山に抱かれたお寺です。



P1000865.jpg


P1000866.jpg

天狗の大下駄です。

このお寺が開かれた時に大活躍した妙覚道了という僧が非常な力持ちで寺の開山の際にも遠方から非常な速さで駆け付けたことからこのお寺は天狗がすむ寺と呼ばれるようになったそうです。

山に精通して山道を非常な速さで動ける能力は私たち、山歩きをするものにとっては憧れでございます。
天狗さまは考えてみれば私たちのお手本、ヒーローでございます。

ちょっといいことがあるとすぐにのぼせて「テングになっている。」と後ろ指を指されることの多い私でございますが、山歩きを精進して敬称として天狗と呼ばれたいものでございます。

しっかり拝んでその能力の万分の一でも分けていただけることを祈願しました。


P1000875.jpg

今回も単独行ではなくてグループ登山です。ガイドさんと女性2名。
女性の方は山の花や木々にとても詳しくてこちらが勉強させていただきました!


P1000871.jpg

11月中旬でしたがリンドウがたくさん咲いていました。他にもヤマニンジンが釣鐘状の可憐な花を咲かせていました。 秋って紫色の花が多い気がします。

花のほかにもサルナシの実を見つけて味わったり、猛きん類が狩りをしたであろう羽毛が散らばる痕跡を見つけたりして歩くだけでない山歩きを楽しみました。

…猛きん類に襲われたであろう犠牲になった鳥の痕跡を何か所かで見つけました。
丘陵っぽいなだらかな山容の明神ヶ岳は猛きん類にとって狩りをしやすい山なのでしょうか?
風も強い日が多いようなので猛きんにとっては有利かもしれません。



P1000873.jpg

明神ヶ岳の山頂です! 約3時間の花をめでながらの行程でした。
ここまで来ると富士山が近い!しかし、風が強い! 箱根もすぐそばで大涌谷の噴煙が良く見えました。


P1000874.jpg

大涌谷を横目で見ながら明星ヶ岳経由で山を下りました。
高級そうな別荘地を抜けてバス停まで結構歩いたかな…。

ちょうど紅葉の見頃で箱根の道は大渋滞でした。バスからさっさと箱根登山鉄道に乗り換えて予定通りに帰宅することができました。

明神ヶ岳は車でのアクセスが難しくて「不便な山だなあ」と思ったのですが下山口が交通渋滞をしやすい場所でもあるので上手に電車やバスを使って楽しむ山だと思いました。




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/48-3277a517

<< topページへこのページの先頭へ >>