丹沢・塔ヶ岳~鍋割山に行ってきました!

2011-11-04
「ご近所の山・丹沢」の奥深さに目覚めたワタクシ。
単に道迷いしかけて本気で丹沢を知ろう、と思い直した側面もございますが時間を作って丹沢に通っております。

今回は丹沢の定番、鍋割山に行ってきました!
P1000819.jpg

小田急線渋沢駅からほど近い大倉バス停の目の前のレストハウスはまるで登山基地。

トイレや駐車場(有料)も整備されています。公園やビジターセンターもあるのでちょっと早めに下山してきたときにも休息がてら楽しめそうです。
登山者カードを入れるポストもありました。 
昨年の丹沢の遭難事故は第一位が道迷い、第2位は滑落でした。道迷いの末に焦って滑落した、という状況も多いようですので主な遭難の原因は「道迷い」ですね。逆に道迷いさえしなければ安全な登山が楽しめる、とも言えそうです。
でも、何があるか判りませんからいざという時に備えて登山カードはちゃんと書きましょう!


P1000826.jpg

いいお天気でした!
富士山はしっかりと冠雪しています。
来年、あの雪がなくなるころに山頂にまた登ろう!
とらは毎年必ず富士登山を行っております。

富士山は登山道もしっかりしていますので高度障害さえ気を付ければ安全に日本一高い山を楽しめます。
とらは「キング オブ ハイキングの山」と呼んでおります。



P1000830.jpg

大倉尾根を登って塔ヶ岳まで約3時間半。一息ついた後に鍋割山に向かいました。
「金冷シ」の鍋割山方面への道標が落ちていてちょっと見落としやすいかも…。

途中紅葉が始まっている木々を見ながら鍋割山まで1時間ほどの行程でした。

大倉尾根から鍋割山までは道もしっかりしていますし、平日でも登山者が多くて安心して歩くことができました。

ちなみに丹沢のもっともにぎやかなシーズンが11月だそうです。紅葉もきれいですし気温も下がって気持ちが良い山歩きが楽しめます。





P1000833.jpg

今回、鍋割山からくぬぎ山を経て寄(やどりぎ)バス停まで下るコースをとりました。

栗ノ木洞あたりまでは登山者が多かったのですがここから大倉に下りてしまう方が多いようで寄バス停まで向かう方は少ないようです。

あまり登山者が歩かないためでしょうか、道も草に覆われていてちょっと見にくい場所もありましたのでこちらに下山する方はちょっと注意が必要です。


P1000836.jpg

暗いスギ林を抜けて山道が終わりはお茶畑でした。

下山口から寄バス停まではちょっと長い林道歩きになりましたし、案内標識もでていないのでちょっと不安になってしまうかな。

ここからは1時間に1本のバスで新松田駅に出ることができました。





tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/44-ec892ce9

<< topページへこのページの先頭へ >>