Meet de Meat!  美味しいお肉を楽しもう!

2017-01-22
猟期終了まであとひと月を切ってしまいました・・・。

相変わらず獲物は獲れていないんだけど、獲物は集まって来ているんだな!

これは狩猟期以外でも「ミートハンター」として暗躍し、獲物は獲れなくても獲物肉を得る手段とネットワーク構築に粛々と励んだ結果かもしれません。

いちばん大きなポイントは小回りが利く、野生肉の解体処理場の方と知り合いになれてとらの趣旨を理解してもらえた事。
ちょっと変わったモノも含めて様々な動物の肉が保健所の許可を取った処理場で衛生的に処理されて手に入るようになったんだ。

「ミートハンター」の本来の意味は「狩猟肉を売って生計をたてる職業猟師」の事なんですが、とらはすでに「獲物を捕獲する」 段階をすっ飛ばして、
直接 「ミートを狩る」 事ができる、スゴ腕の狩猟者にランクインなのでございます! 

・・・して、一発の銃弾も放たずに獲物肉を手に入れるその秘技を活かしたとらの新たな提案とは!!












この春からとらの新企画が始まります。  その名も 「山賊キッチン 」 。 

今年度から とらは今まで食利用をほとんど考えられなかった動物、そんなモノを食べたと公言したら 「変態」か「ゲテモノ喰い」みたいに思われて、友だちからはスルーされ、親類縁者からは縁を切ると脅かされるであろうような、マイナーな野生肉に敢えて焦点をあてて食利用の提案をしてみたいんだ。

今の日本、様々な野生動物が増えすぎて自然環境やヒトとの関わりに軋轢をうんでしまい、「有害駆除」として命を奪われている。
そして、それらのほとんどはナニも利用されることなく焼かれたり、埋められたりして「処分」されているんだ。

自然環境、人の生活とのバランスをとるために殺される彼らを少しでも活かしてやりたい、食材としての価値を認めてやって「美味しかったです、ごちそう様!」と感謝してやりたいし、
「美味しく食べれるよ!ただ処分するだけじゃなくてもっと活かそうよ!」と世間サマにモノ申していきたいんだな。

これは単に物珍しさを求めた企画ではなくて、とらなりに捕獲駆除されてそのまま処分される彼らへの供養なんだ。




「山賊キッチン」企画はこれまで行ってきた 「お困り動物食事会」から派生した新しい企画。

「お困り動物食事会」はフレンチのプロの調理人さんにシカを中心としてザリガニやハクビシンなどを吟味して調理してもらって「プロが作る一品」として味わわせてもらったんだ。

この企画は今後も続行して、ちょっと変わった食材をプロならではの美味しい料理を楽しませてもらう予定。


それとは別に、とらやとらの狩猟仲間が猟に行って、獲物を得た時にどんな料理を作って、獲った獲物を美味しく食べているのかの追体験を、参加者みんなでワイワイ楽しみながらしてもらおうと考えるんだ。
「お困り動物」だけじゃなくて野生動物全般とそれに派生する家畜、家禽も取り上げて、野生肉料理についての理解の全体的な底上げを目論見たいと思うんだな。

とらたちはプロの調理人さんではないから凝った美味な料理はできない。

焼くか煮るか、ちょっと手を加えるかの簡単料理なんだけど、逆にだからこそ味わえる「素材の持つ味」を味わってもらえるんじゃないかと思うんだよね。

調理は素人なんだけれど、その代わり料理を引き立ててくれる調味料や野菜関係はちょっとこだわった「うまいやつ」を用意するつもりでそれらに野生肉の味を引き立てて、手助けしてもらう魂胆なんだ。

もちろん、山賊たちの宴会には酒が欠かせない。!
こちらも美味しいモノを選んで皆さんと美味しくて楽しい時間を過ごしてしまおう!お酒の目利きはまかせとけっ! なんだな。



クマ肉
メインの肉にもこだわる! クマ肉ほど季節で味が変わる肉はないらしい。 冬眠前の秋のいち時期にしか獲れない「あき熊」の肉も賞味するチャンスがあるかも!

「・・・クマの肉はサ、夏の有害駆除で捕獲したクマと、冬眠前の喰いこみ時期に獲った脂がたっぷりのったクマとはまるで別モノの美味しさなんだ。
いちど、狩猟シーズンのクマを喰ってみな、本当に旨いから! うふっ!」 とお酒を酌み交わした時に自慢げに呟いていた東北の狩猟仲間から届いたクマの肉。

聞けば親から離れてすぐの2歳くらいのメス熊、カシ類の茂る森で、ドングリをたっぷり食べて太ったクマだったそうな。
分厚くて真っ白な脂肪の塊、鼻を近づけて臭いを嗅いでもほとんど臭わない処理の良さ。

ジビエ料理が自慢のレストランがのどから手が出るほど欲しがる極上のクマ肉。このようなデパートに行っても売っていない、希少なお肉が手に入るのが狩猟者ネットワークだ!

山賊キッチン企画ではとらの狩猟者ネットワークをフル活用します!



山賊キッチンはこんな企画!


開催場所: 東京都八王子市の古民家 
 京王線「高尾山口駅」より徒歩約15分 自家用車利用も可ですが、お酒を伴う交流会もある為、電車利用をお奨めします!

また、高尾山トレッキングをしてから企画参加することもできますよ。
山歩きをしておなかがすいていれば大抵の食べ物は美味しく感じるはず! 初めての野生肉に不安のある方は高尾山に登ってからの参加を考えよう!

参加費: 4,500円 2,3種野生肉試食とアルコールつき懇親会費を含みます。

体験できる事:
・野生肉の調理体験        参加者みんなで料理を2,3品作ります

・野生肉料理の試食と懇親会  山賊飲み会には美味しいお酒が必須! 

企画概要:
・2017年3月中旬から4月下旬までの隔週週末開催予定 3~5回程度
※連続参加する必要はありません。

・毎回、一種の野生動物をテーマに調理を考え、2,3品を調理して味わいつくします! 
 また、1,2種の野生肉を食味体験として参考出品!  合計3~5種類の味を楽しみます。


※テーマの例  注意!捕獲の状況により予定は変わります

・「カラスを味わい尽くそう!」   
キラワレ者のカラスは美味しい? 不味い??


・「カワウって美味しい?」  
近年、漁業被害が拡大中のカワウも食利用できれば益鳥の仲間入り?


・「野生と養殖、どっちが美味しい?キジ」   
養殖も盛んな日本の国鳥キジ。本当に美味しいのはどっち?? ・・・しかし、国鳥喰っちゃう国ってほかにないんじゃない?


・「カルガモとマガモの食べ比べ」   
カモで一番おいしいのはマガモ? 渡りでへとへとのマガモと移動する事なくたっぷり肉を蓄えているカルガモと果たして美味しいのはどっち??


・「海カモって本当に不味いの??」   
美味しい食べ方を探りましょう!!


・「アイガモと野生のマガモの食べ比べ」
家禽のアイガモは野生のマガモを家禽にしたアヒルにマガモを掛け合わせたもの。
人が「美味しいマガモをいつでも食べたい。」と作り出したアイガモと野生のマガモを実際に食べ比べてみましょう!




・「であいのもの」   
狩猟者は出会った獲物には未知のものでも笑顔で調理しなくてはいけません!


※参考出品の例)     注意!捕獲の状況により予定は変わります
以下の野生動物の中から1,2種をご提案! 肉本来の美味しさを知る為に、焼いて塩こしょうで味見します。
・タヌキ ・ハクビシン ・アライグマ ・ツキノワグマ ・出会いのもの




スケジュール:
10:00 現地集合 受付け開始  
集合後、受付け、手洗い、着替えなど調理準備を整えます


10:30 調理開始   当日の食材動物を紹介。 まずは焼いて塩こしょうで賞味して基本の味を知りましょう。
その後、どんな調理が合うかをみんなで話し合ってから実際に調理の開始!
主に「焼き物」・「鍋」の2種類+α を調理します。


12:30 調理終了 ~ 試食懇親会
出来上がった料理をみんなで試食! 懇親会も行うので感想など交えた自己紹介をお願いします!




15:00頃 終了・解散予定   解散予定時間は目安です。



開催日程のお知らせとお申し込みは今週中にグッドハンティングHPでお知らせ中です!

お申込みをお待ちしております! グッドハンティング!HP「山賊キッチン」企画内容⇒ 山賊キッチン内容
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/433-62531452

<< topページへこのページの先頭へ >>