ご意見 いただいちゃいました!

2017-07-07
とらのこのブログ、 「とらログ」は ブログランキングとかには参加していないし、SNSなどを使って 「 ブログ更新しました!みんな、見てね! 」みたいなお知らせもしないんだ。

無理に誰かに読ませるんじゃなく、
ご縁があって辿り着いてくれた方に読んでもらえればいい、付き合ってくれる方がいればいい、 と思っているんだよね。

だからコメントをもらう事もあまりないから、頂いたコメントはじっくり読んで 「どんな方がコメントくれたのかな? 」と考えてみたり
その方の思考の道すじを辿ってみたりして楽しんだりしているんだよね。

質問や内容が明快なコメントにはちゃんと返信を返している律儀で 「読者ファースト」 なとらなのでございます!

・・・だけど、たまに 「どんな返答をしたらいいんだろう?」 と悩んじゃうコメントを頂く場合があるんだ。

一人で考えていても仕方ないので読者の皆さまにも紹介してみんなにも考えてもらっちゃおう!!






今回はこんなお便りを頂いちゃいました! シリーズなんだ。

・・・ずいぶん前、たしか昨年度の猟期前だったんだけど、バタバタしていたら半年以上経っちゃった。 「いつの投稿だったかな?」と調べたんだけど、見つからなかった。 削除されちゃったのかな?

まあ、いろんな意見の人がいるよね、ということで紹介だ。




『・かっつてに国民の共有財産、自然遺産、動物たんぱく質供給資源を私(わたくし)してよいものか?
>
> 山主が自分の山のタケノコ、山菜、キノコを、消費することとは事情が違う。野生動物の所有権は
>
> 全国民の共有であると思われます。あなた方の行為は、国民共有財の”窃盗・横領?”に当たると思われま
>
> す。
>
> ・根本あなたがた”狩猟民”は、”旧石器人=縄文人”である。いまだ牧畜に移行してないレベルが原始的
>
> と言えば原始的。シナ・フィリピンの旧日本軍といい勝負・彷彿させる。
>
> ・つがいイノシシをそのまま檻内飼育すれば、ウリボウ5・6匹出産、成獣させれば、1世帯分動物蛋白
>
> 源、¥/kg換算しても、牧畜人のほうが、進化人であろう。 ( 原文ママ )  』 名無しさん 2016年 9月頃


・・・狩猟登録など煩雑ですが正式な手続きを経ています、とか 
狩猟をするために国に収めている狩猟税、 けっこう高額で とらたち狩猟者は低所得者でも高額納税者なんだっ!笑 みたいな笑いを取りつつ
日本で正式に狩猟を行えるまでの仕組み説明、イノシカが増えて自然界のバランスが崩れている、みたいな話をイチから説明するかぁ・・・  
暑くてそんな気力も失せちゃうんだけどさ、「すべての方が狩猟行為に賛成していない、というコトは肝に銘じておくべき」 というコトを改めて気付かさせてくれたご意見かな。


こんなシンプルなご意見も頂いちゃいました!
→ 「この記事のほうが不快だわ 」 名無しさん  2017年7月5日

こちらの記事へのご感想なんだけど→ とらログ・「解体やれてこそ一人前だよね」 
なんと、3年近く前の記事を読んでくれてのご感想を頂いちゃいました!

もしかして、5年以上、420本以上書いている「とらログ」のヘビーユーザーさんかしら? じっくり読み込んでくれていることには感謝しよう!

でも、残念ながら どこがお気に召さなかったのか、この短文では判らないんだよね。
 「解体も手伝わないライフルオタクはキライという記事なんでライフルオタクさんかも知れないね。

色んな意見や主張があってもいいけれど、殊、狩猟や銃器についていうと、やっぱり安全の担保という面から考えて「ライフルを所持したいから仕方なく狩猟を10年やっている。」という方とは一緒に組んで出猟はしたくないな。

北海道の専業狩猟ガイドさんを除くと日本の狩猟グループのほとんどが 「仲間」 との出猟なんだ。
誰もがその日の狩猟行為でお金を稼いでいる人はいない訳だ。

仲間内で仕事の配分に不公平が生じたらうまくいかないよね。


「獲物の解体はイヤ、だけどライフルは持ちたいから仕方なく猟をやる。」 という方はとらが提案するように北海道や海外に行って専業の狩猟ガイドさんを雇えば良いと思うんだな。 

プライベートなガイドさんならお客さんのやりたくない事は全部引き受けてくれる。
獲物の解体だって全部やってくれて、自宅まで肉や缶詰にして送り届けてくれる。 その代わり肉と一緒に送られてくる請求書の金額は黙って全額払わないといけないね。

・・・仲間と協力し合って作業をするか、獲物を撃つ楽しみだけに特化してあとはお金で解決するかは各自の判断だね。







まあ、400回以上にわたって、好き勝手な事を書いていると いろいろな意見、感想を持たれるんだなぁ~と思う事もあるんだけれど、
最近のとらは 「報奨金サギ」だとか 「獲物誤射極まれり」 などと少し攻撃的な記事が多かった、日本の狩猟界の総本山、大日本猟友会に対してトンガリ過ぎたかな・・・と少し反省しているんだ。

なんたって日本の狩猟者の元締めだからサ、ヘンな事書いて気分損ねたら日本中の何万丁もの銃口がとらを狙うかもしれない!

「日本で一番たくさんの銃口が狙っている男」 の称号はちとキビシイ・・・

やっぱりこのブログを訪問してくれた方、みんなが楽しく、満足できる面白い記事が一番だと考えるんだな。
もしくは面白くなくても、嫌な気分になってはいけないかもしれない・・・。

「昨日は雨でした。 今日は晴れました。明日も晴れるそうです。 明後日はワカラナイ。」 みたいな内容の方がいいのかなぁ~とも考えてしまうんだな。

「名無し」で意見をくれるシャイな皆さんの為にも今後はどうして行くか模索していこうと思うんだ。


パーフェクトな日
今日は仕事が終った後に5時からサーフィンしに海に入りました!

ちょびっとだけサーフィンが上達した気がしたのと、夕陽がきれいだったので今日は 「パーフェクトな日」 に認定です!

明日も晴れて良い日でありますように! アサッテの天気はワカリマせん。


こんな感じの記事がお好みかな。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/424-183cd57c

<< topページへこのページの先頭へ >>