あけましておめでとうございます

2015-01-02
P1040644.jpg

毎年恒例、ブログ読者サービスの 「初日の出 at 大山山頂 」でございます!

今年も皆さまにとって幸多き年でありますように!
P1040626.jpg
今年の夜明け直後の初日の出はこんな感じ。
厚い雲が立ち込めて日の出は絶望的だったのですが、光が遮られた分、江の島がくっきり見えて良い景色を堪能できました。 思い通りに行かなくても、何かしら一つ良い点を見つけられると人生楽しいよね。




さて、さて昨年は皆さまにとってどんな年でございましたでしょうか?

このご時世、能天気に「良い年だった!」と手放しで喜べる方は少なくて当たり前、大半の皆さまは何かしら心に引っ掛かるものを抱えての年越しだったのではないでしょうか。



2014年 とらにとってはどんな年だったのかと申しますと、楽な年ではありませんでしたが、
「とらのやりたい事と時代の要望が同調してきている」という手応えを実感できた年だった、と言えると思うのでございます。

狩猟が単なるアウトドアの趣味 のみならず、その技術を使う事によって獣被害を受けている農家さんの手助けになったり、 高山植物の群落が守られたり、自然環境の保全に役だったりと、「社会的役割り」 を担える事が実感できた、

現実的には「獣を狩る事でお金を頂ける立場になった。」事を考えると 良い年だったと思うのでございます。

昨年1月1日のブログ→2014年正月ブログで申しておりました抱負、1.若手狩猟者を増やしたい、2.狩猟技術で地域興しにつきましては、

1.若手狩猟者を増やしたい → 狩猟体験参加者の中から数名の狩猟者誕生! 

2.狩猟技術で地域興し →  地元野菜と獣肉を使った食堂など運営で来ればベストなのだが実現せず。
  しかし、狩猟技術で福島の復興に一役買っているという面では少し実現したかな?   
                                                       ってな評価でございます。


まだまだ、ぜんぜん道半ば、という感じではありますが、自分がやっていきたいことが仕事として世間様に認められてきた、と手応えを感じられたことは大きな収穫でした。

今は実現できていない「獲った獣を食利用して地域の宝に変える。」も機会を逸しないように粛々とチャンスを待ちたいと思うぞ。

思えば2011年の3.11&原発事故で生活が大きく変わり、バタバタしましたが総体的には目指す理想の生活の概要が見えてきた感触でございまして、
「人生、なかなか面白い」 と感じられる、久方ぶりの能天気な年の初めでございます。・・・お金は相変らずないけどね…。



P1040647.jpg
今年もいつもと変わらず雪をまとった富士山が優美な姿を現してくれました。

今年もきっと良い年になることでしょう。

今年もどうぞよろしくお願い致します。



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/283-830eb479

<< topページへこのページの先頭へ >>