「解体」をちゃんとやれてこそ、「狩猟者」て言っていいと思うんだよね

2014-11-19
今年も狩猟シーズンが始まりました!

昨年のとらの狩猟体験に参加してくれた方の中にも狩猟デビューされた方が何人かいて、
ドキドキの初猟報告ももらっています!

がんばっているねェ~。

くれぐれも安全に気を付けつつ、狩猟の醍醐味を味わって欲しいと願うとらでございます。
今年狩猟デビューを飾った方から頂いた初猟報告をご紹介!

「雌ジカ一頭、山から下ろすところとばらしを見学し、イヌと仲良くなって、解体はセンセイのレクチャー付きで実際に体験させてもらいました。 これからの狩猟シーズン突入。寒さに負けず頑張ります ♪
ヒヨドリ解体を女子3人(+虎さん)でワイワイやっていたのを思い出します。あの時の女子3人、今年揃って狩猟免許取得しました!! 虎さん効果大でございます^_^ 」 (Hさん報告。 一部抜粋)

嬉しいではございませんか!
実際に狩猟免許を取ったり猟銃所持許可を取るのは皆さまそれぞれの努力でございますが、とらの提案が背中をひと押しできたかと思うと嬉しいのでございます。


実際に現場に出るようになると様々な難題が出てくるようになるとは思いますが安全狩猟に努めてぜひ精進していただきたい。 



20141116お肉!
とらの初猟の成果! とらだけでなく仲間皆で協力して撃ち取ったシカのお肉でございます。

この肉の量を見て、「うげっ」と思うか、「お宝の山!」と思うかで狩猟者として向き、不向きが見えてくると思うよね。

とらは間違いなく「お宝」組なんだな!

狩猟が終わった後に皆で分けた肉をキレイに洗って、ゴミや毛を取り除いて肉をトリミングしながら、「あの時はこーだった、アイツはあ~だった。」などと猟の想い出にふけるのが最上の時の過ごし方だったりするのでございます。

今年の初猟はとらに獲物こそなかったものの、仲間がちゃんと射止めてくれて獲物はあったし、親方が有害駆除の時の鹿肉をとっておいてくれて「持ってけ!」とごっそりくれたのでとてもハッッピーな幕開けだったのでございます。

解禁日15日には一人でヒヨドリ猟byエアライフルに出かけて初弾でヒヨドリを一羽仕留めて、小さいけど獲物はあったので全体としては心豊かな狩猟期幕開け・・・。


そんなハッピー気分の中、実はちょっと面白くない事があったんだな。




昨シーズンからとらたちのグループに加わった新人くん。 どうも獲物を仕留めた後処理の時の動きが良くない・・・と実は昨年から目をつけていたんだな!

仲間が撃ち取った獲物の回収にも積極的ではないし、解体にも手を出してこない・・・。昨年も年内、1,2回来ただけで姿を見せなかった。

今年はどうかな?と見ていたんだけど、やっぱり獲物の回収に山に登ってこないし、解体の時にもふっといなくなってしまう・・・。

試しに「解体も勉強だからこっち来て手伝いなよっ!」と明るく声を掛けてみたんだけど薄ら笑いして腰が上がらない・・・。

・・・大まかな肉の切り分けが終えて車の所に戻るとソイツはタバコふかしながら同期の連中と楽しく談笑なんてしてやがったんだな! 

・・・コイツはきっと、ライフルを所持したいがために猟期の初めだけ1,2回出猟して10年経ってライフル所持申請の時の実績作りができればいいと思っているんだろう・・・。 

ふざけるな! 俺たちはオマエのライフル所持のために狩猟してるんじゃねェ!!

さすがに穏健派とらもキレましてね! 

・・・昨年からちょっと動きが悪いな、と思っていた事もあったし、今日もボスが「回収に来い」と言ったのにコイツはこなかった、さらにとらがやさしく「解体も勉強だからさぁ~」と誘ってあげたのに、それも無視しやがった!!

さらに先輩たちに解体させて自分たちは談笑しながらタバコ吸ってやがるっ!

・・・とらはずっと前にタバコやめていて、タバコの煙がキライだけど、センパイ皆さまが吸うのは仕方ないって思っているのに
「先輩たちの中にはタバコがお嫌いな方もいらっしゃるかも知れない・・・。」と遠慮するそぶりも見せず、実に旨そうにタバコ吸ってやがんだよな! 

よくよく考えるとコイツの無線のしゃべり方、特に語尾を伸ばすしゃべり方もなんとなく気に喰わなくなってきたぞ!

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」状態に陥るとらでございます。


・・・獲物の解体も勉強だと言ったろ!何でこんなところでだべってんだよ!特にオマエ!解体手伝えって言ったのになんでこんな所に居るんだよ!   

ったく!言いたくもない小言を言わせやがって・・・と怒りながら考えたんだけど、

特に男は「狩猟」をやりたいんじゃなくて「猟銃」が持ちたい、さらに「ライフル」が持ちたいから仕方なく狩猟に参加している、っていう「道具オタク」がけっこう混じっているのかもしれないんだよね。

女性で狩猟界に入ってくる人は「自分で獲った肉を食べたい。」と理由がけっこう単純明快な方が多いけど、男は変な「道具オタク」が混じっているから始末が悪い。

図式にするとこんな感じ

女性: 「自分が獲ったお肉が食べたい。」  >   「狩猟をしなきゃ!」  >   猟銃取得♪

道具オタク男: 「ライフルを持ちたい」 > 「散弾銃での狩猟経験が10年必要」  > 猟銃取得 ♪ > 「仕方ないから狩猟グループに入る」  >  「肉に興味ない…」  >  「解体なんて野蛮!オレにはできない」 

・・・・う~む、困ったねぇ!  


あんな野郎、もう来なくなったっていいっ!と思いながらガシガシと解体に励んでいたんだけど、
肉の小分けの時にはぎこちなくとも積極的にナイフを使って参加していたし、猟の終わりにはちゃんと挨拶に来りと
前向きな姿勢は見て取れたんだな・・・。

まあ、今後に期待したいな。 とらもガツンと言う時は言うけど根に持たないのが信条でございます。 罪を憎んで人を憎まず…。



・・・先輩たちは決して新人くんたちに獲物を得るとか、ちゃんと肉を切り分けられるとかいった「確からしさ」を求めているわけではないと思うんだな。

それよりどれだけ自分たちが培ってきた狩猟界を受け止めてくれるかの熱意を推し量っているんだと思うんだ。
それにちゃんと応えてあげなきゃ・・・。

「猟期に1,2回来てお茶を濁しておけばいいや。」なんてこずるい計算はすぐに見抜かれるんだな。



狩猟新人の皆さん、先輩は皆さんの行動をちゃんと見てますよ。 

・・・それは決して意地悪をしようとしてではなくて、安全に狩猟を行えるか、山歩きの技量はあるか、を見極める為に見ているのでございます。

そのグループで永く狩猟を続けたいならば、獲物の山からの運び出しや解体にどれだけ積極的に関わっているか、ちゃんと見られていることを意識したほうがいいでしょう。




・・・オレは獲物を撃つ事が楽しい。解体や食べる事はあまり興味がない、という方は
非営利のグループに入るんじゃなくて、北海道などでプロのガイドさんを雇う事をお奨めしたいな。 

 ・・・語学に自信のある方はカナダやアラスカに行ってもいいし、こっちならすぐにライフルが撃てるし、軍用銃だってチョイスできるぞ!
・・・魅力的でしょ、道具オタク諸君。


獲物の運び出しや解体といった「労働」から解放されて純粋に撃つことだけに集中できると思うからね。

・・・しかし、そのことに対する対価は何も言わずちゃんと払わなければいけませんよ。 

狩猟は大人の遊びですから、お金がかかって当たり前なのです。  金額を云々言ってはいけないのでございます。
提示された請求書の金額を何も聞かずさらりと払うのが暗黙の了解事項でございます。

・・・できるかな? 道具オタク諸君!


ちなみに某国で狩猟ガイドを雇った場合、鹿狙いで4日間で日本円で450,000円との事でございました。

航空運賃別で空港送迎からライフル練習、3日間の狩猟ガイドと食事、宿泊費込みでございます。

ただし、トロフィー費用、私有地で撃つ場合は入園料が、ヘリコプターを使ったヘリハント、危険動物は別途費用が必要との事。   何かのご参考に。

とらは自分とポリシーが異なる狩猟者の皆さんにも有意な情報を提供しようと頑張っておりますのでございます。

・・・あとは自分の決断ですよ、道具オタク諸君!!
tag :
コメント:
動機は十人十色とは言え、ライフル所持だけが目的では獲物の引き下ろしもたっぷり肉が手に入った喜び無しでは砂袋を運ばされてるのとかわらないでしょうしねぇ
自分は射撃や銃器よりも、肉欲しさと狩猟という行為とその技術に憧れがあってはじめたので、日の出前の山道の運転がおっかないこと以外はさして苦に感じたこともありませんがw

射撃と銃器だけが目当てなら、射撃クラブに入って成績あげて推薦状もらえばライフル所持出来るんですしそっちをやれば良いじゃないとも思いますが
[2014/12/01 12:49] | グンマー #zHAUYs2U | [edit]
う~ん、よく判らないのですが、競技用ライフルと狩猟用ライフルとは違ってて、狩猟用ライフルを持ちたいヒトなのではないかな?
また競技者になってライフル所持するには推薦がいたり年に大会に何回でなくちゃいけない、みたいな縛りもあるのかも。
私も最初に狩猟があって、その手段としての猟銃なので銃自体についてはあまりよく判らないんだよね。 もちろん、自分の銃は分解掃除までやるけどね。

まぁ、男は何かしらオタクですね。

私は道具に凝った事はないけどアウトドアは散々、いろいろ経験しましたからアウトドアオタクかも。

アウトドアの集大成が狩猟かな。  ちなみに経験したアウトドアは付き合いが長い順にこんな感じです。
魚とりスキースキューバダイビングハンググライダースカイダイビング海外旅行バイクツーリング北米くるま旅キャンプカヌーパラグライダー登山家庭菜園乗馬シーカヤック手作りビールウインドサーフィン狩猟手作りハムサーフィン…
[2014/12/03 14:31] | 腹ペコとらさん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/272-0c098c68

<< topページへこのページの先頭へ >>