南アルプスに登ってきました!

2014-08-21
若い山友だちの結婚式に出席したとら。

福島へは戻らず、南アルプス縦走の旅へ直行でございます。

今年は富士登山からも遠ざかっているので3000m級の登山は久しぶり。

平野のうだるような空気の中にいるとちょっと薄めの空気が恋しいのでございます。

高知県に大量の雨を降らせた台風11号。
今回の山旅では台風11号の置き土産の前線に翻弄される山旅となってしまいました。

先ずは登山開始の日の早朝。

自宅出発間際に登山バスの運行を確認したところ「土砂崩れのため、本日の運行はお休み。」のお知らせが!
あわてて同行者のみんなに連絡を入れて出発を取りやめる事態に。

道の復旧をやきもきしながら待つ羽目になりましたが、何とか翌日には復旧!  

一日遅れで南アルプス登山開始!


P1040176.jpg

今回の山旅は動物の生態調査。 南アルプスの北岳から間ノ岳、農鳥岳、3000m級を縦走しながら生き物の痕跡を探します。 
そう、この山旅は遊びでなくてお仕事なのでございます。

2日目の朝。白根御池小屋から北岳を望みます。良い日になりそうです。

この辺でも小屋の周辺にクマが出没!実際に同じルートで登った登山者がクマを目撃!
でも 人馴れしていない正統派のクマだから必要以上に怖がる事はありません。
気をつけなくてはいけないのは人の出す残飯や作物に餌付いた人馴れしたクマなのでございます。

人擦れしていないピュアなクマさんには歌でもうたってヒトの存在を知らせてやればよいのでございます。

・・・曲は 「森のクマさん」がよろしいかと。


P1040177.jpg

高山に生息するチョウ。
昆虫に詳しくないとらだけだと「蝶がいた。」で終わってしまうけど、今回は昆虫に詳しい同行者がいたからこのチョウの生息背景など詳しく説明してもらえて良かったナ。

動物好きが3人集まると誰かがどれかの種に詳しくて勉強になるんだよね。

他にもきのこに詳しいのもいてハナビラタケの大株を発見! 持って帰りたかったけど国立公園なので我慢。


P1040179.jpg

大樺沢の雪渓わきをひたすら粛々と登っていきます。
樹林帯を抜けて視界が開けると登山に来た!と実感!登っている最中はつらいけど空気が心地よくてやっぱり山登りはいいな、と思う場面でございます。


P1040180.jpg

雪渓を登り終えて八本歯のコルに到着!  これから縦走する雄大な南アルプスの山並みが広がります。

今回の山旅は右手にある北岳を回って、写真の間ノ岳、その向こうにある農鳥岳、西農鳥岳を回ります。



P1040183.jpg

富士山も見れました。   富士山ガイド仲間のみんなはこの時間だとあの辺にいるかな・・・。




P1040186.jpg

白い岩肌の甲斐駒ケ岳。こちらの山もいい山ですね。 
とらは15年位前に登って以来、行っていませんがまた仙丈岳とセットで登りに行きたいな。


P1040187.jpg

鳳凰三山も正面に見えます!
この山々も良い山です。秋の紅葉の頃のほうが夏より登山客が多い山でございますな。



P1040191.jpg

季節的にちょっと遅かったけれど、高山植物の花もまだまだ楽しめました。
今回は植物に詳しい仲間がいなかったので「きれいだね。」で終わってしまって残念!

・・・植物には詳しくないクセに「あっ!チョウゲンボウだ! チュウヒだっ!」 とやたら猛禽類に詳しいのがいて勉強になりました。 ワシタカ類は遠めにはなかなか判別ができないから助かるよね。

シカの食害から守るための柵が各所にあったので植物の種類的には減ってしまっているかもしれない・・・。
確かにこの時期、豊富に見られたクロユリが今回見られなかったのはシカの食害のせいかも。


P1040195.jpg

3日目 ある意味有名な農鳥小屋に宿泊!

とらはあまり人の評価をどうのこうのするのはイヤなのだけれど、「昭和の山小屋」であり昭和気質のオヤジさんのようでございます。
古いタイプのユースホステルが嫌いな人には泊まりにくい山小屋かも知れませぬが垂れ流しトイレだけは改装したほうが良いと思ったのでございます。


P1040200.jpg

4日目にようやく見れたリアルご来光。

富士山登山ガイドの仲間たちが毎朝のように「おはよう!」のメッセージとともに送ってくれるその日のご来光写真を見ながら「リアルで見たい!」と恋焦がれていたご来光でございます。

実はこの南アルプス山旅でご来光が見れたのは5日間のうち、この日たった1日だけ。
台風11号の影響で前線が停滞してしまってずっと雨降りでした。 台風自体は一週間も前に北上して温帯低気圧になったのに、お山の上はずっと雨降りだったんだよね。

北アルプスでは増水した川に登山者が流される事故も発生して何人もの登山者が亡くなってしまいました。 
ご冥福をお祈りするのでございます。

天気には恵まれませんでしたが5日間の山旅を終えて無事下山したとらとその仲間。
甲府駅で食べた立ち食いそばが美味だったのでございます。


山もいいけど美味しいものや快適な空間がある街もいいよね!っと街にも日和るとらでございます。
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/255-fd8111d1

<< topページへこのページの先頭へ >>