FC2ブログ

狩猟体験 終了まであと3週間!

2014-01-27
厳しい寒さが続いております。

多くの方々は「寒いのはもう充分。早く暖かくならないかなぁ。春が待ち遠しいなぁ。」」などと思われている方が大半かと思うのでございます。

しかし、ハンターの皆さまにおかれましては春の訪れは狩猟シーズンの終わりであるわけでございまして、ちとさびしい思いを
されている方もいらっしゃるのではないかと思うのでございます。

とらも2シーズン目の「狩猟体験企画」を皆さまに提案させて頂きまして、多くの皆さまに狩猟の入り口を体験していただく事ができ、
忙しくもにぎやかな日々を過ごさせて頂いたのでございます。

やはり狩猟シーズンの終わりは ちとさびしいのでございます。
P1030599.jpg

毎回、様々な目的を持って狩猟体験に参加してくれる皆さんの参加動機を聞くだけでも楽しいのでございます。

中には既に空気銃所持と狩猟登録を済ませた方も参加してくださることもあってそのような参加者の方々には
すぐに即戦力として鳥を獲る事をお願いしたりしたのでございます。

様々な方と知り合えて さらにエアライフル仲間も増えたのでございます。

狩猟体験に参加された後に「猟銃所持の手続きを始めました。」という方もいらして来シーズンは一緒に出猟できる事を期待しているのでございます。

「みんなに拡げよう狩猟の輪!」でございます。



P1030683.jpg

女性の皆さんからの参加申し込みも多くてうれしゅうございました。

参加者の3~4割が女性の皆さま、という事も嬉しい驚きでございます。
参加者3名全員が女性という日もございました。

女性の皆さんが実際に猟銃を持って山に入る事は男性に比べて少しハードルが高い事もあるかと思うとらなのでございますが
例えば今回皆さんに体験して頂いた空気銃による鳥猟などは山の奥に分け入る必要もないし運び出しも容易など女性の方向きの猟の一つではないかと思うのでございます。

常に女性の皆さまの味方を自負するとらといたしましては来シーズン、鳥猟用フィールドを整備することも検討中なのでございます。快適に安全に狩猟に親しんでもらいたいな…。

男子禁制なのかって? いえいえ、そんな事はないのでございますが男子の皆さまにはぜひ装薬銃を取得していただいて
鹿、イノシシをガンガンと追って頂きたい、そちらの仲間になっていただきたいのでございますな。

ブートキャンプなみのハードメニューも用意してお待ちしたいのでございます。


P1030601.jpg
キャッチ&イート、獲ったら食べる、食べるだけしか獲らない がとらの狩猟のモットーでございます。

公園などでも♪ピ~ヨ ピヨ♪と鳴いているヒヨドリが思いのほか味が濃くて美味しい事を知って頂けたかと思います。

ヒヨちゃんの味を知ると公園で見かけるヒヨドリにさえ「アイツ、肥えてて美味しそう」と思えてしまう所が困りものでございます。
…山の中より公園や駅前にいるヒヨの方が肥えているうえに無警戒で獲りやすそうなんですよね…。

寒さの厳しい今の時期、脂がのってますます美味しいんだな、これが。



P1030686.jpg
ヒヨちゃんも美味しいのですが獲れてうれしいのはキジバトでございます。 なんてったて肉が多い。

キジバトは木の梢でじっとしていることが多いので見つけにくい鳥でございますが見つけられたらじっくり狙いをつけられるので撃ちやすい鳥でございます。

しかし、翼が厚くてまるで防弾チョッキ。
遠射をかけて翼にあたると、空気銃の弾だと弾かれちゃう事があるのでございます。

とらもキジバトをやっと見つけて ドキドキしながら撃った弾がキラリと光りながら翼にはじかれる様子をスコープで見てて悲しくなった覚えがございます。

撃たれた本人は弾があたってから「うん?」ってな感じで飛んでいたのでございます。

キジバトを狙う時は胸側から確実に狙う必要があるのでございますな。



今シーズンの一番のトピックスは日本で一番メジャーなアウトドア雑誌のBE-PALが創刊約30年以来、初めて狩猟者を特集してくれたことではないかな、と考えるのです。

…アウトドアは自然にお邪魔させてもらっている立場。
ごみを捨てることはもちろん、生き物を殺すとは何事?という意識がアウトドアを楽しむ皆さんにはあったかと思うのでございます。
その中で狩猟者の特集を組んでくれた勇気に感謝!

狩猟者特集の12月号はけっこう注目が集まり、売れたそうでございます。 良かった!
 
P1030688.jpg

ただ今発売中のBE-PAL2月号ではとらの鳥猟体験も紹介してくれたのでございます。
…この記事が載ってさぞかし体験希望者が詰めかけるのでは…と期待半分、戸惑い半分でドキドキしていたのですが
意外と体験希望者の申し込みは急激増加、とまではいきませんでした。

…きっと皆さま、いきなりの狩猟者特集や狩猟企画の紹介に戸惑われているのではないかな?

そりゃ、そうでございましょう。つい最近まで狩猟はアウトドアのジャンルにまったく入っていなかったのでございますから。
でも、とらは今後、「自然環境に配慮できるハンター」としてアウトドア好きな皆さんが狩猟界に参入してくることを夢想しているのでございます。

そのようなハンターが増えてくれば自然と人との良い関係が保たれると思うのでございます。


とらの狩猟体験。狩猟終了まであと3週間でございます。

狩猟という新しいアウトドアジャンルの登場に戸惑われている皆さま、とりあえず一度体験してみたはいかがかな?

お申込みをお待ちしているのでございます!



狩猟体験・ミゼットカフェ出店スケジュール他:Hug!Hug!Nature HP

★お知らせ:本日1月10日発売の小学館のアウトドア雑誌BE-PAL2月号でとらの鳥猟体験の様子が紹介されます。
ぜひ手に取って見て頂き、そのままレジまで進んでいただきたいのでございます。

★ご支持を頂いております「狩猟体験」。今シーズンの狩猟期終了の2月15日でおしまいになります。
「参加したいけどど~しようかなぁ。」とお悩みの皆さま、エアライフルによる鳥猟は安全性も高く、これから狩猟を始めようか考えられている方に相応しい狩猟でございます。
狩猟免許取得と猟銃所持許可申請のモチベーションアップの為にもぜひご参加下さい。 

★2月22日・23日で開催予定の「狩猟体験・大物猟in早川町」は定員に達し、応募を締め切りました。
 キャンセル待ちを希望される方のみ申し込みをお受けします。





tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://torasanbluesky.blog.fc2.com/tb.php/215-4be0781d

<< topページへこのページの先頭へ >>