FC2ブログ

自家解体肉は ほんとうに  『 闇肉 』 か?

2020-02-26
あちゃ~  というより 「はぁ?? (´・_・`) 」  っという 情けない事件が猟期の終了間際に起きてしまった!

もう、ご存じの方も多いかもしれないけれど、埼玉県のとある野生肉料理を提供しているお店が狩猟鳥のキジバトと間違えて非狩猟鳥のドバト(カワラバト)を撃ってしまって、しかもご丁寧に撃ったドバトの写真をSNSにアップしたんだ!
一時はYafoo!ニュースでもトップになった記事はこちら!→レース鳩 誤射

記事の概要は 狩猟鳥のキジバトと間違えてドバト(足環のついた持ち主がいるレース鳩!)を誤射した上に「鳩肉入りました!」と食用に提供している旨をSNSで広報してしまった、というもの。
首から上の顔周りの羽毛は残して羽をむしられてご丁寧に足環はしっかり写っている写真がアップされていた。
この鳩の持ち主が見たらいたたまれない写真であろう。 

ドバトとキジバトを間違えるか?その前に足環が付いていたら, 持ち主がいるハト、または何かの調査中の動物だと気が付いて、少なくとも 「獲ったど~」写真は公開しない事が当たり前ではないのか??

撃った奴はハンターやる前にバードウォッチングからやり直ししたほうがいいんじゃないの??
その前に人としての道を学びなおす必要があるんじゃないの???? という情けなさだ!

我がエアライフルハンティングクラブのぴよっこクラブの面々も即座にこの話題に注目したのだけれど、ちょっと別の観点で話題が盛り上がった! 

さすが、精密射撃の精鋭無比が集うエキスパート集団!その名を聞けば泣く子も黙る超・A級スナイパー集団、小さな鳥にも一発玉で勝負を掛ける精密射撃に長けた射撃のプロが集う、その名も勇ましい、ぴよっこクラブ の面々だぁ!

ちょっと視点を変えて野生肉の扱いについて掘り下げてみましょう! というお話。

自家解体肉は ほんとうに  『 闇肉 』 か? の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>