道具の進歩も善し悪し、なんだな

2018-07-19
今のニッポン  
野生動物の鳥獣被害が大きくて全国各地で今の時期でも「有害駆除」 として野生動物の捕獲行為が行われている。
以前の獣の少ない時代では、野生動物の捕獲行為は11月15日 から翌年の2月15日までの「狩猟期間中」に限って行われていた。
だから、狩猟を趣味とするハンター諸氏は「早くアツい夏が終わって猟期が始まらないかなぁ~」と 指折り数えて狩猟開禁を待っていたんだよね。

今では散弾銃が扱えて少し狩猟の心得があればすぐに有害駆除参加の声が掛かるようになった。 ・・・要はベテランさんが仕留めたシカの運び出し役が主なんだけれど、それでも獲物を狙えるチャンスは平等にあるし、参加機会が増える事は良い事だな。

これまで有害駆除参加はベテランの特権だったんだけれど、初心者くんにも門戸が開かれて、一年を通じて出猟の感覚を養うことができるようになった。
この事はとても良い事だと思うんだな。

それでも、ハンター人口は容易に増える事はないんだ。
なぜなら猟銃の所持を許可する公安委員会は獣の被害が大きいから、と 猟銃の所持条件を下げて容易に猟銃を持てるようにはしないからね。
猟銃所持者が増えない代わりにいまの狩猟業界、 ワナ関係の道具の進歩が目覚しいんだ。



道具の進歩も善し悪し、なんだな の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>