「ワナ」って実はスゴいんです。

2018-04-12
「狩猟」って聞いて
すぐに頭に思い浮かぶのはオレンジ色のベストを身に着けて猟銃を構えて獲物に狙いを付ける「銃猟ハンター」さんではないでしょうか?
猟銃という強力な武器、道具を携えていてカッコいいし、動きがあって目立つよね。

今で謂うところの 「インスタ映え」するってヤツでしょうか。 でも、実際にはあまりSNSとかに猟銃をアップするのは危険なので控えめに。
背景に道路とか映り込んでいると「路上でむき出し銃か?」と思われたり、そもそも度を越した銃との記念撮影は「目的外所持」を疑われるかも??



鉄砲を使った猟は当たり前だけれども、「ヒトが携わっていないと狩猟行為が始まらない」 んだ。どうしてもヒトが行動できる時間の制約や機会制約ができてしまう。

一方、「ワナ」はヒトがいなくても狩猟(捕獲)行為はずっと継続されるんだ。

許可を受けた場所、期間、対象獣であれば24時間体制で獲物を待ち続けさせることができるんだよね。

じつはこれってスゴい事だと思いませんか??

「ワナ」って実はスゴいんです。 の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>