「大人の食育」が解体企画の本質なのだ!

2016-04-28
昨シーズンに初めて皆さんに提案した「鹿の解体教室」は 6回開催、延べ93人の方の参加を頂いて初めての開催にしては「順調なスタート」だったんだ。

繰り返し参加してくれて、解体の段取りを我が物にしようとする熱心な方もいたり、「狩猟をやろう!」という人ばかりでなくて
「食べるの始まりを知りたい。」など様々な理由で参加してくれる方がいて静かな熱気を感じられた企画だったな!

・・・「自前の石器持込みで参加したいのですが・・・。」というお問い合わせには さすがの とら も一瞬怯んだけれど、
気を取り直して うえるかむ!で参加して頂きました! 

考古学のお勉強をされている方だったので ほっ!  ・・・ヘンな人かと思っちゃいましたよ。

参加者の多様性が高いという事は継続していけばさらに色んな動機で参加してくれる方があつまるだろう、企画としての伸びしろはある魅力的な内容なのかもしれない。

・・・だけど、とらは実はもうひと押し必要な物があると感じていたんだな。


※ちょっと残酷な写真があるから「そんな写真は見たくない!イヤイヤイヤイヤ・・・・」という人は見ない方がいいかも


「大人の食育」が解体企画の本質なのだ! の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>