FC2ブログ

狩猟者と動物愛護派はもう少し歩み寄れると思うんだけどな… Ⅰ

2015-08-28
夏もそろそろ終わりかけ。 夜風も涼しくなり、夜でもあんなに鳴いていたセミの声もしなくなりコオロギに変わりました。

この夏は動物好きの皆さまにとってアツい夏ではございませんでしたかな??


アツいは「暑い」と「熱い」の両方の意味で、「暑い」はそのまま猛暑の夏でございました。
・・・我が家の愛犬 りんちゃん(雑種・メス5歳 彼氏ナシ)も暑くて、一日中庭の一番涼しいところを探して
日時計のように動いていたな…。


もう一方の「アツい」は とら たち狩猟者にとって見逃せないホットな事件が続いたことでした。

まず皆さまご存知のジンバブエで殺された人気ライオンのセシルの事件でございます。 → セシルが愛されたわけ

世界中の人・・・まぁ,主に自由に情報を得られる生活環境が整った国に住む「恵まれた」人たちだけどね、立派なたてがみを持ち、観光客の絶好の被写体になっていた雄ライオンが無残な殺され方をした事を悼み、
そんな残酷な事をしたハンターに怒りの声があがったんだ。

しかしね、一方でこんな記事にも出会ったぞ。   → ジンバブエで殺されたライオンと西洋人の偽善

同じ 「ライオンがゲームハントで捕獲された」事柄なんだけど、住んでいる国、生活環境の違いで考え方がこんなに違ってくる事がよく判って興味深かったんだな。

狩猟者と動物愛護派はもう少し歩み寄れると思うんだけどな… Ⅰ の続きを読む

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>