「ワナ」って実はスゴいんです。

2018-04-12
「狩猟」って聞いて
すぐに頭に思い浮かぶのはオレンジ色のベストを身に着けて猟銃を構えて獲物に狙いを付ける「銃猟ハンター」さんではないでしょうか?
猟銃という強力な武器、道具を携えていてカッコいいし、動きがあって目立つよね。

今で謂うところの 「インスタ映え」するってヤツでしょうか。 でも、実際にはあまりSNSとかに猟銃をアップするのは危険なので控えめに。
背景に道路とか映り込んでいると「路上でむき出し銃か?」と思われたり、そもそも度を越した銃との記念撮影は「目的外所持」を疑われるかも??



鉄砲を使った猟は当たり前だけれども、「ヒトが携わっていないと狩猟行為が始まらない」 んだ。どうしてもヒトが行動できる時間の制約や機会制約ができてしまう。

一方、「ワナ」はヒトがいなくても狩猟(捕獲)行為はずっと継続されるんだ。

許可を受けた場所、期間、対象獣であれば24時間体制で獲物を待ち続けさせることができるんだよね。

じつはこれってスゴい事だと思いませんか??

「ワナ」って実はスゴいんです。 の続きを読む

tag :

猟期あけ お疲れさま呑み会 継続中!

2018-03-28
狩猟シーズンが終わって もうひと月以上が経ったんだけれど いまだにとらは狩猟期の余韻に浸っているんだな。

今は狩猟期間中にお世話になった方や、逆に疎遠になっていた方々との再会、情報交換、ぶっちゃけていうと 「とりあえず久しぶりに呑もう!」の集まり時期が続いているのでございます!

なんどかこのブログでも触れたんだけれど、猟期中は本当に音信不通、消息不明になってしまう仲間が多いんだよね!

それだけ毎週毎週 猟に打ち込んでいるわけなんだけれど、一番迷惑をこうむるのは家族、具体的に言うと奥さまなんだ。

猟期が終わってしばらくは家事を手伝ったりしたりして「よい夫」を演じて、奥さまの機嫌がなおってきたころにようやく 「久しぶりにちょっと集まろうか?」というコトになる訳なんだ。

この順番を間違えると将来に続く禍根、しこりを残して生活していかなくてはならなくなるんだよね・・・

猟期あけ お疲れさま呑み会 継続中! の続きを読む

tag :

今のとらは「狩猟ロス」状態なのだ

2018-02-17
今シーズンの狩猟期間も2月15日をもって終了しました。

一部の地域では増えすぎているシカの捕獲のために猟期の延長がされていたり、「猟期が終っても有害駆除でそのまま狩猟は続くよ。」という方もいらっしゃるかもしれませんが大半のハンターの皆さんはシーズンが終わり少し手持ち無沙汰な日々をお過ごしではないかと思うのでございます。

とらも日々のイノシシ捕獲は継続するし、有害駆除のメンバーになっているので月に一度の鹿猟の出猟はあるので、狩猟とは離れない生活が続くのでございますが、
それでもほぼ毎日、日の出前に起き出して出勤前までの貴重な時間をエアライフルを構えて鳥を待つ、という緊張感から解放されてホッとしつつも少しさびしい気分なのでございます。

今のとらは「狩猟ロス」状態なのだ の続きを読む

tag :

「狩猟の仕事」は有望なのかな?

2018-01-24
一月も半ばを過ぎました。

狩猟期は2月15日まで。 っということは今シーズンの狩猟期もあとひと月を切ってしまったのでございます!

今シーズンはシカの生体捕獲などで約ひと月ほど猟に出掛けられる日がつぶれてしまったのでなんだか消化不良な印象でございます。
それでも狩猟体験企画の連日の実施やプライベートな出猟など存分に楽しんだ良い想い出ばかりなのでございます。

今年はヒヨドリを仕留める捕獲効率もあがったので「良いシーズンだった」とちょっと気の早い総括をしてしまおう。

しかし、それ以上に若者が「狩猟という仕事」に興味関心がいっている事に驚き、「大丈夫か?オレの発言??」と珍しく我が身を振り返る年だったのでございます。

「狩猟の仕事」は有望なのかな? の続きを読む

tag :

狩猟体験 in いわき 第二回目を行いました!

2017-12-12
開催場所をこれまでの神奈川県伊勢原から拡大して福島県いわき市と宮城県仙台市郊外で行っている狩猟体験企画。

先日は第二回目のいわき会場開催を行ってきました!

初回より少し慣れて進行できるかと思ったのですが、なかなか、なかなか・・・

今回も紹介できる写真は少なめですが開催報告するのでございます!!

狩猟体験 in いわき 第二回目を行いました! の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>