FC2ブログ

「人生の楽園計画」 をぼちぼち準備しよう

2020-03-29
コロナウイルス禍が世界中で猛威を振るっている・・・

ほんとうは昨日、とらが主宰するエアライフルハンティングクラブ、 
その名を聞けば泣く子も黙る超・A級スナイパー集団!小さな鳥にも一発玉で勝負を掛ける精密射撃に長けたすご腕が集う その名も勇ましい「ぴよっこクラブ」  の猟期あけ打ち上げ会が行われる予定だったんだけれど、少し前の段階で、「この騒動は長期化する…」 と考えたとらは早々に開催を延期していた。

延期の判断はどうやら正しかった様なんだけれど、、いくら何でも 「都市封鎖」 とか 「パンデミック」 という言葉が現実味を帯びる事態になるとは想像もつかなかった…。

事態は想像するより深刻で長期に渡って、これまで当たり前だった 『行動の自由を謳歌する』事 ができない状況が続くんじゃないかと覚悟した方が良いかも知れない。

今、コロナウイルス禍の渦中にいる私たち全人類は、時代の大きな潮目の中にいるんじゃないか、と とらは思うんだ。


「人生の楽園計画」 をぼちぼち準備しよう の続きを読む

tag :

狩猟期近況! Ⅲ

2020-03-23
今更ながら、なんだけれど、猟期中のアップし忘れ を発見!

昨年度の12月初めのブログなんだけどまだヤマドリも獲れていない時の揺れる想い、心情が綴られていて切ないね。  
忘備録として公開!でございます。



いよいよ12月。 年末も師走も関係なく、狩猟シーズンにどっぷりつかっているとらでございます。

でも、なんか、こう 獲ったどぉ~!」 って皆さんに報告できるような目覚ましい成果はないんだよね。

なんとなく、マンネリというか、他の若い奴のほうが成果を出してて、「どうせ、俺なんか。」みたいな捨て鉢な気分になってみたりしてみたりして・・・  夫婦関係で例えると狩猟との 倦怠期」 ってヤツに近い感覚なのかなぁ?

なんとなく気勢のあがらないとらなのでございます。 ・・・今後、狩猟と とら はどんなお付き合いになっていくんでしょうか??

狩猟期近況! Ⅲ の続きを読む

tag :

狩猟学校が大変ですョ!

2020-03-15
今年のゴールデンウイークからスタートする グッドハンティングの狩猟学校。

東京、横浜など都心からもほど近く日本の大動脈、東海道新幹線の小田原駅が最寄り駅! という交通に恵まれた立地もあってか、予想を超える申し込みを受けているんだ!

当初、「5人も来てくれれば一年目としては万々歳だなぁ~」 と考えていたのですが、予想を超える10名以上からすでにお申し込みをいただいた!

急遽、参加枠を増やして対応だぁ!   

ひゃっほう! 皆さんの求めているものに応えられるとらはマーケティングの名人だ!


グッドハンティングは狩猟界の革命児だ! 一気に全国制覇だ!  

やるぜっ! 俺!
 
 

狩猟学校が大変ですョ! の続きを読む

tag :

いまのとらは 「 シカを求めて三千里 」 なんだな!

2020-03-08
2月15日で今シーズンの猟は終わったんだけどさ、とらはまだ 狩猟生活を継続中! なんだな。

べつに違法に山に入って猟をしている訳ではなくて、昨今の鳥獣被害の増加からイノシシ、シカに限って猟期を延長している県が多いからまだ鉄砲担いで山を歩けるわけなんだ。

神奈川県は2月末まで2週間、イノシシ、シカに限って狩猟期間を延長。
先日、神奈川県は狩猟期が終わったからマジメなとらとしましては、狩猟許可証を県事務所にお返しして神奈川での狩猟は終了したんだな。

福島県はもう少し、3月15日までが猟期なんだ!

いまのとらは 「 シカを求めて三千里 」 なんだな! の続きを読む

tag :

自家解体肉は ほんとうに  『 闇肉 』 か?

2020-02-26
あちゃ~  というより 「はぁ?? (´・_・`) 」  っという 情けない事件が猟期の終了間際に起きてしまった!

もう、ご存じの方も多いかもしれないけれど、埼玉県のとある野生肉料理を提供しているお店が狩猟鳥のキジバトと間違えて非狩猟鳥のドバト(カワラバト)を撃ってしまって、しかもご丁寧に撃ったドバトの写真をSNSにアップしたんだ!
一時はYafoo!ニュースでもトップになった記事はこちら!→レース鳩 誤射

記事の概要は 狩猟鳥のキジバトと間違えてドバト(足環のついた持ち主がいるレース鳩!)を誤射した上に「鳩肉入りました!」と食用に提供している旨をSNSで広報してしまった、というもの。
首から上の顔周りの羽毛は残して羽をむしられてご丁寧に足環はしっかり写っている写真がアップされていた。
この鳩の持ち主が見たらいたたまれない写真であろう。 

ドバトとキジバトを間違えるか?その前に足環が付いていたら, 持ち主がいるハト、または何かの調査中の動物だと気が付いて、少なくとも 「獲ったど~」写真は公開しない事が当たり前ではないのか??

撃った奴はハンターやる前にバードウォッチングからやり直ししたほうがいいんじゃないの??
その前に人としての道を学びなおす必要があるんじゃないの???? という情けなさだ!

我がエアライフルハンティングクラブのぴよっこクラブの面々も即座にこの話題に注目したのだけれど、ちょっと別の観点で話題が盛り上がった! 

さすが、精密射撃の精鋭無比が集うエキスパート集団!その名を聞けば泣く子も黙る超・A級スナイパー集団、小さな鳥にも一発玉で勝負を掛ける精密射撃に長けた射撃のプロが集う、その名も勇ましい、ぴよっこクラブ の面々だぁ!

ちょっと視点を変えて野生肉の扱いについて掘り下げてみましょう! というお話。

自家解体肉は ほんとうに  『 闇肉 』 か? の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>