誤射事件がここまで来てしまった!

2017-05-29
  ※悲報!  こんなニュースが入ってきました!⇒コウノトリ 誤射

記事内容はこちら
「島根県雲南市教委は19日、市内に飛来していた国の特別天然記念物・コウノトリが、ハンターの誤射で死んだと発表した。
兵庫県豊岡市の野外で巣立った5歳の雌。雲南市内で2歳雄とペアになって巣作りし、今年4月にひなの誕生が確認されたばかりだった。

地元猟友会の60代男性が同市内の田でサギの駆除をしていた際、誤って散弾銃で撃った。兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)が付けた足輪があり、男性が猟友会に連絡した。
巣には計4羽のひなが残されており、市教委は雄だけで餌の世話を続けられるか確認した上で、ひなを保護するか判断する。

国内の野生コウノトリは1971年に絶滅。2005年に野外放鳥を始めた後、豊岡市周辺以外の遠隔地で、ひなが生まれたのは徳島県鳴門市に続いて全国2例目だった。  2019.5.19 毎日新聞  」


この半年間、カモの誤射事件が続いて掲載した雑誌がお詫び記事を載せる事態が続きましたが、サギの有害駆除中に天然記念物のコウノトリを間違って撃ってしまった…

鳥の誤射事件、ここに極まれり という暗澹たる感じだ。

誤射事件がここまで来てしまった! の続きを読む

tag :

山賊キッチン・ ヒヨドリ祭! 開催報告

2017-05-25
今年のゴールデンウイークに連続開催した 「山賊キッチン」企画。
開催の報告もいよいよ2つを残すのみとなりました!

・・・ヒトが美味しいもの喰った報告なんて面白くないよナ!ケッ!! なんてスネている方もいらっしゃるかも知れませんが
開催の報告はきっちりするのがとらのお約束でございます。

会社員をしていた遠いい昔、とらはちゃんと ほう れん そう 告 絡 談)」ができる優秀な組織人だったのでありますっ!

報告はやっぱり大事じゃんね。 それに 「こんな珍しいモノ食べたよ。そこそこ旨かった。」 という報告を人様にするのはヒトとして根源的な喜びにも通ずるのでございます。   

…リア充ってヤツですかね??

山賊キッチン・ ヒヨドリ祭! 開催報告 の続きを読む

tag :

若者ハンター諸君、スキルアップのチャンスが来た!カモ

2017-05-21
残念なニュースが飛び込んできました!⇒有害駆除 不正横行
有害駆除で捕獲したイノシシ、シカの写真をねつ造して不正に有害駆除の報奨金を受け取っていた、というもの。

記事の内容はこんな感じ

◆1頭を数頭分に
「捕まえたイノシシを右から撮影したり、裏返して撮影したり。1頭から数頭分の『証拠写真』が撮影されていた」

農作物に被害を与える有害鳥獣の捕獲頭数を水増しして、猟師が国や市町村から補助金をだまし取る不正が横行していることが明らかになった。
捕獲したとする「証拠写真」を偽造するなどの手口で、市町村のチェックをすり抜けているが、全体の不正の規模は不明だ。

農林水産省は先月、全国の自治体に補助金申請時の点検の徹底を求める通知を出すなど、不正申請の撲滅に乗り出した。


・・・ふむ、困ったニュースだね。狩猟は人目のつかない山の中で行われるから誰よりも公正さが求められるのに。
一部の心ない不届きモノのせいで狩猟者全体がそのような事をしていると思われたら迷惑だ。

このような 反社会的・詐欺行為」 は徹底的に調べ上げて根絶を目指して欲しいね。

若者ハンター諸君、スキルアップのチャンスが来た!カモ の続きを読む

tag :

山賊キッチン・コサギを食べてみました!

2017-05-17
イノシシ、シカの2016年度の利活用率は17%だったらしい・・・。 100頭捕獲されたらそのうち17頭ぐらいは食利用やペットフード加工などされて利用されている、という事だね。
少し前はほとんどが廃棄されていたのだから大きな進歩だ。 でも、相変わらずその他の83頭は利用されることなく、埋設されたり焼却されたりしているんだ。 せっかくの山の幸なのにもったいない話だ。

しかし、とらは未だに 「ほぼ100%まったく利用されることなく処分されている」 という資源を知っているんだ! それがカワウやハクビシン、アライグマなど日本の食生活にこれまでなかった 「新しい野性肉」 。

それらを食利用できる道を探って有効活用しよう、奪う命ならせめて喰い供養をして 「美味しかったです、ごちそう様」 と言ってやろう、という趣旨で行うのが とらの主宰する「山賊キッチン」企画なんだ。

この企画では 「狩猟対象種でない野生動物」 を食するチャンスがあるんだ。 ・・・それはなぜ?? 

もしかして・・・違法な取り引きに手を染めたから???

山賊キッチン・コサギを食べてみました! の続きを読む

tag :

今、オヤヂ世代がアツいぜっ!

2017-05-10
とらは大学時代に「潜水部」という体育会に入っていたんだ。

スキューバダイビングクラブ❤」みたいな楽しそうな部活じゃなくてゴリゴリの体育会ね。 水産学部で男しかほぼいなかったから殺伐としていたなぁ~。
だけど、振り返ってみると良い想い出なんだな! 過ぎ去った日々はすべて美しい・・・んだな!



その時の同期の一人がその後、ダイビングの世界に飛び込んで いまだに頑張っている!

そいつが今年、  「生きた化石・シーラカンスに会いに行く」 というプロジェクトで

100mを越える深度潜水をしてシーラカンスを見つけに行くというんだ・・・ 

なんでも 「日本人初!」 というタイトルが付くらしいんだけれど、いかにも とらたち、バブル時代カスり組が好みそうなタイトルだなぁ!   昭和だねぇ!

でも、50歳を過ぎて第一線でチャレンジングで楽しい人生を送っている! いいよねっ!

やるねぇ、元気あるねぇ、楽しいねえ!  とらも 狩猟界の第一線で もう少し 頑張っちゃう気に なって来たぞ! 

今、オヤヂ世代がアツいぜっ! の続きを読む

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>